巨人が岡本満塁弾など11点圧勝 広島床田4敗

巨人が岡本満塁弾など11点圧勝 広島床田4敗

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/08/01
No image

巨人対広島 6回裏巨人1死満塁、岡本は左越え満塁本塁打を放つ(撮影・滝沢徹郎)

<巨人11-3広島>◇1日◇東京ドーム

広島は1回に鈴木誠の適時二塁打で先制。巨人は2回にウィーラーの適時打で追い付き、4回は中島の適時二塁打など3点を奪った。

巨人は5回に中島の適時打で1点を追加。6回は丸の押し出し四球、岡本の14号満塁本塁打、岸田の犠飛で6点を追加した。

巨人が7月15日広島戦以来の2桁得点で圧勝。復帰登板となった先発田口は、6月20日阪神戦以来の2勝目を挙げた。広島床田が4敗目。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加