中国とASEAN、RCEP枠組み下での金融協力を推進

中国とASEAN、RCEP枠組み下での金融協力を推進

  • 新華社通信
  • 更新日:2022/09/23
No image

中国とASEAN、RCEP枠組み下での金融協力を推進

17日、第14回中国・ASEAN金融協力・開発サミットフォーラムの「金融による実体経済支援」プロジェクト調印式。(南寧=新華社記者/陸波岸)

【新華社南寧9月23日】中国広西チワン族自治区南寧市でこのほど、第14回中国・東南アジア諸国連合(ASEAN)金融協力・開発サミットフォーラムが開かれ、300人近い参加者が「地域的な包括的経済連携(RCEP)協定枠組みにおける中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の金融協力」をテーマに、金融協力を深化させ、地域発展の新局面を切り開くことについて議論した。

フォーラムでは、同自治区の金融機関と企業が「金融による実体経済支援」をめぐり、新エネルギーや新インフラ、交通、物流などの分野をカバーする12の協力協定を締結。契約額は1700億元(1元=約20円)を超えた。

南寧市にある中国・ASEAN金融城には現在、金融機関(企業)376社が進出しており、その数は2018年末の18倍になった。ASEAN向けの金融インフラは同自治区で絶えず拡大しており、上海証券取引所や深圳証券取引所のサービス拠点、中国銀行香港の東南アジア業務運営センターなども開設され、多元的な中国・ASEAN金融協力プラットフォームが徐々に構築されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加