キヤノングループ、大垣西濃信金と信金業界向け承認ワークフローシステム構築

キヤノングループ、大垣西濃信金と信金業界向け承認ワークフローシステム構築

  • マイナビニュース
  • 更新日:2022/11/25
No image

キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)とキヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は11月24日、大垣西濃信用金庫と共同で、ワークフローシステム構築ツール「WebPerformerWf」を活用して「信金業界向け 承認ワークフローシステム」を構築したことを発表した。

キヤノン、米国に新会社設立‐一部の国内事業を移管

「信金業界向け 承認ワークフローシステム」は、「WebPerformerWf」とテクニカルサポートを組み合わせた伴走型のソリューション。同システムによって、支払いや資金関連の決済に関する申請書、報告書など信用金庫特有の業務フローのテンプレートを利用し、活用ノウハウを含めスムーズな構築・導入を提供する。

「WebPerformerWf」は、各種申請や稟議などのフォームの作成・申請から書類内容の確認・承認までのワークフローをデジタル化できるユーザー構築型のワークフローシステム。専門知識がなくてもGUIによる簡単な操作で帳票フォーム画面やワークフローを構築できる。カスタマイズも可能で、現行の帳票フォームの取り込みや既存システムへの決裁機能の組み込み、APIによるシステム連携によるデータ連携により、入力ミスや記載漏れをなくし、生産性を向上可能。

大垣西濃信金は、同システムを活用して、従来の業務で利用していたグループウェアと連携したワークフローを内製化することで、現行の業務を変更することなくスムーズなデジタル化を実現したという。これにより、業務部門を横断したワークフロー連携や稟議・決裁の短縮化と可視化に加え、過去の申請や関連情報の検索性も向上したとのことだ。

「WebPerfomerWf」の価格は、ライセンス費用(初期費用+年間保守費用)が115万円から、ユースウェア費用(テクニカルサポート・導入支援費用含む)は個別見積もりとなっている。

森歩美

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加