新型クラウンの印象が180度変わった!! 「明治維新」成し遂げたセダン王者の進化

新型クラウンの印象が180度変わった!! 「明治維新」成し遂げたセダン王者の進化

  • ベストカー
  • 更新日:2022/08/06
No image

2022年7月15日、ついにベールを脱いだ新型クラウン。その登場は、世界の度肝を抜く4台のシリーズ化だった。発表会で豊田章男社長は、15代に渡って続いてきたこれまでのクラウンを江戸幕府に例え、新世代の16代目はクラウンの明治維新と語ったのが印象的だ。

大きな変革期を迎えたクラウン。その販売戦略や、維新を遂げたクラウンの印象について考えていきたい。

文/佐々木亘、写真/TOYOTA、奥隅圭之

【画像ギャラリー】シリーズ化で大ヒットなるか!? 4つのボディタイプで登場した新型クラウンを写真で見る(18枚)

クラウンではなくクラウンであるもの

クラウンがSUV化する、FRではなくなるなど、我々は騒ぎすぎたのかもしれない。クラウンというクルマが、これまでどのような進化をし、15代もの歴史を紡ぎあげ、日本を代表するクルマになっていたのかということを、忘れてしまっていたようだ。

発表会の会場前に並べられた歴代クラウンを眺め、改めてクラウンとは「変革」を常に続けながら、ユーザーとともに歩み続けてきたクルマなのだなと思った。

初代クラウンは、トヨタの乗用車をゼロから作り上げたもの。白いクラウンでオーナーカーという新しい概念を定着させ、いつかはクラウンといわれる7代目までにステイタスを構築する。

その後もハイテク、環境性能や安全性、走りというさまざまなテーマを追求し進化を続けながら、12代目で「ZERO」へと戻ることを決意する。その後も独創的なデザインや、これまでにないカタチを提案しながら、クラウンは生きてきたのだ。

こうした結果を踏まえ、16代目クラウンクロスオーバーを見れば、その進化がこれまでと何ら変わりがないことに気づかされる。常に現行型のクラウンが人々にとってのクラウンであり、新型のクラウンには、どこか「クラウンではない」という感覚を受け続けてきただろう。

新しいクラウンは、名前を継承する。しかし、その中身はこれからのクラウンであり、これまでのクラウンではない。クラウンのスタンダードはクラウンが決める。こうした気概を強く感じる16代目クラウンは、既にユーザーの印象に強く残り、クラウン維新を成功させているのではないだろうか。

現場の営業マンに聞く! クラウンの印象とお客様の反応

No image

発表前のユーザーの反応は芳しくなかった新型クラウン。しかし発表会後には、新型のデザインについて好意的なユーザーが増えているという

発表の直前まで、トヨタ販売店へも詳細な情報はほとんど入らず、デザインは、スペックは、と非常に不安が多かった新型クラウン。特に各種報道が先行し、「セダンが無い」「SUVになる」など、衝撃的な内容が多かった分、懐疑的な視点になってしまったと、多くの営業マンが話していた。

それでもカタログを確認し、発表会の様子、実車の映り方を見たなかで、クラウンに対しての不安は大きく払拭されたという。

想像していたSUVとは違い、セダンの要素を残しながらも使いやすくしたデザインは、幅広い年代から支持を得られそうという意見が大勢だ。逆に往年のクラウンのようなガチガチのセダンではなくて良かった(セダンよりも売りやすそうだ)と、変革を肯定的に受け取るスタッフも多かった。

いっぽうで、ユーザーの反応もデビュー前と後では大きく変わっている。7月15日以前にクラウンの印象を聞くと、「FF・SUVでは既に興味が薄れている」と語るクラウンオーナーや、「クラウンの名前でやる意味があるのか」という厳しい意見が多かった。

しかし、発表会後、各メディアのイメージ映像から本物の新型クラウンに写真が切り替わり、新型のデザインを好意的に受け入れる声が、日増しに大きくなっている。

販売店へは電話や来店での問い合わせも増えており、カタログやインビテーションを見せながら商談する機会も増えているようだ。ただし、発表と同時に始まるはずだった本注文は延期され、試乗車や展示車になる実際のクラウンも、販売店には届いていない。

「強い興味を持ってもらえているので、案内が限定的になってしまうのは残念」と販売店スタッフは話す。YouTubeやテレビCMだけでなく、実物をその目で確認できたときに、もう一段、クラウンの話題は大きくなることだろう。

カローラ・ヤリスのようなシリーズ化はクラウンで成功するのか

No image

クラウンクロスオーバーは新型クラウンシリーズの第一弾。これから1年半かけてスポーツ、セダン、エステートと全4車種が用意される

クロスオーバー化されたクラウン1台の発表会になると誰もが思っていた7月15日、登場したのは4台のクラウンだった。

クロスオーバー、スポーツ、セダン、エステートという4タイプのクルマ。これらすべてが「クラウン」だという。日本国内だけのことを考えていた先代までのクラウンと違い、新型は世界を見据える。発表会は、クラウンシリーズを世界に示し、存在感をアピールする場所になったのではないだろうか。

トヨタにはこれまでに大成功を収めてきたシリーズがたくさんある。現行型ではヤリス(ヤリス・ヤリスクロス)と、カローラ(カローラ・カローラスポーツ・カローラツーリング・アクシオ・フィールダー)がすぐに思い浮かぶだろう。シリーズは、車名の認知度を高め、さらに様々な車両形態がユーザーのニーズに応えるのだ。

世界戦略車としてのクラウンのシリーズ化には、筆者も大賛成だ。クラウン=セダンという既存のイメージが強く残るのは日本だけの特殊な事情であり、世界的に見ればこうしたステレオタイプはまだ生まれていない。クラウンが世界各国で魅力的に映るためには、こうしたシリーズ化が最適解のようにも思える。

日本でも、セダンの発表はこれまでのクラウンユーザーを安心させ、エステートの復活には感動すら覚えた。さらに新しいスポーツの誕生からは、クラウンの革新へ向かう強い決意を感じる。クロスオーバーを含めた4タイプが、それぞれクラウンとして働き、相乗効果を発揮しながら、クラウンブランドをより強固なものにしていくに違いない。

ヤリス、カローラ以上に、クラウンというペットネームは大きな価値を持つ。これまで積み上げてきた価値に恥じないシリーズ化が、今回出来上がったと思う。

16代目のクラウンは、従来からの大幅な路線変更に見えるが、もしかするとクラウンにとって、今回の維新は既定路線だったのかもしれない。新時代を走る、クラウンの本当の実力を感じられるのは、まだまだこれからだ。

【画像ギャラリー】シリーズ化で大ヒットなるか!? 4つのボディタイプで登場した新型クラウンを写真で見る(18枚)

ベストカーWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加