巨人サンチェス「感触は良かった」ビエイラ「順調」

巨人サンチェス「感触は良かった」ビエイラ「順調」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/23
No image

1カ所打撃で登板するビエイラ(撮影・狩俣裕三)

巨人エンジェル・サンチェス投手(31)が23日、沖縄セルラー那覇での残留練習で1カ所打撃に登板した。

坂本、中島、丸ら6選手に41球投げ、安打性の打球はややつまりながらも、一、二塁間に転がした丸の1球だけ。昨季8勝を挙げた助っ人右腕が順調な調整を印象づけた。「(今年)初めての打者相手でしたが、感触は良かった。全ての球種を試せたし、気持ち良く投げることができた。1日1歩ずつ前に進んで、開幕に向けて仕上げていきたい」とコメント。

同じく1カ所打撃に登板し、28球中安打性の打球が2本だったチアゴ・ビエイラ投手(28)は「自分が期待した以上の仕上がりだと感じました。去年の今の時期と比べてもコントロールが、まとまっていたし、チームの中心打者と対戦できたのも良かった。ヒット性の当たりは多かったが、ストライクゾーンにまとまっている証拠。順調にここまできていますね」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加