ヤマダHD、福井県出身の三嶋恒夫社長が辞任へ 大塚家具の会長兼社長も

ヤマダHD、福井県出身の三嶋恒夫社長が辞任へ 大塚家具の会長兼社長も

  • 福井新聞ONLINE
  • 更新日:2021/09/15
No image

三嶋恒夫氏

ヤマダデンキなどを展開するヤマダホールディングス(HD)は9月15日、福井県大野市出身の三嶋恒夫社長(62)が健康上の理由により30日付で辞任すると発表した。創業者の山田昇会長兼最高経営責任者(CEO)=(78)=が社長を兼務する。三嶋氏から辞任したいとの申し出が15日にあり受理した。

三嶋氏は完全子会社化した大塚家具の会長兼社長も30日付で辞任する。

三嶋氏は2020年10月にヤマダHDの社長に就任した。山田氏は1973年に群馬県前橋市で「ヤマダ電化サービス」を開業し、家電量販大手に育てた。

三嶋恒夫氏(みしま・つねお)。金沢経済大学(現金沢星稜大学)卒。1989年サンキュー高島屋(現サンキュー)に入り、社長。エディオン取締役を経て、2017年6月からヤマダ電機執行役員副社長、18年6月には社長に就任。20年にはヤマダHD傘下で経営再建中の大塚家具の会長にも就き、同年中に社長も兼務した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加