体重158kgの屈強ボディ 元UFC王者も霞む“世界最強の男”に反響「デカい」「凄い1枚」

体重158kgの屈強ボディ 元UFC王者も霞む“世界最強の男”に反響「デカい」「凄い1枚」

  • THE ANSWER
  • 更新日:2021/10/14
No image

エディー・ホール【写真:Getty Images】

デッドリフト前世界記録保持者のホールが2ショット写真を公開

デッドリフトの前世界記録保持者で「世界最強の男」コンテストの優勝経験を持つエディー・ホール(英国)がインスタグラムを更新。米最大の総合格闘技「UFC」の元世界ライト級王者ハビブ・ヌルマゴメドフ(ロシア)との2ショット写真を公開した。最強とも評された元UFC王者よりごっつい体つきに対し、海外ファンから「デカいな」「最も恐ろしい男だ」などとコメントが書き込まれている。

強靭な肉体を誇るはずの元UFC王者が目立たない。バスの出入り口前でカメラにポーズを向けた2人。紺色のシャツをまとったヌルマゴメドフの隣に立つのがホールだ。タトゥーの入った左腕を曲げて力こぶを作っているが、その太さに注目せずにはいられない。肩回り、胴回りなどもヌルマゴメドフより一回りは大きいようだ。

実際の写真を公開したホールは、投稿文面に「俺の人生の中で怖いものは父親のベルトとハビブ・ヌルマゴメドフの2つだ」などとつづった。海外ファンからは「ワオ」「凄い1枚だ」「2人のレジェンド」「死の危険を感じる1枚」「デカいな、エディー」「素敵な写真だ」「格闘技で最も恐ろしい男たち」などと反響が寄せられている。

29戦29勝無敗という輝かしい戦績で現役を引退したヌルマゴメドフ。一方、ホールは9月には体重196キロから、38キロ減の158キロとなったことを報告していた。体が締まってもその存在感は突き抜けているようだ。今年9月、同じく「世界最強の男」コンテストで優勝経験を持つ俳優のハフソー・ビョルンソン(アイスランド)とボクシングで対戦する予定だったが、怪我のため延期となっている。(THE ANSWER編集部)

THE ANSWER編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加