第4シードのヨーランソン/マクラクラン勉が初戦突破、ツアーレベルで4度目のマッチ勝利 [サンディエゴ・オープン]

第4シードのヨーランソン/マクラクラン勉が初戦突破、ツアーレベルで4度目のマッチ勝利 [サンディエゴ・オープン]

  • テニスマガジンONLINE
  • 更新日:2022/09/24
No image

ATPツアー公式戦の「サンディエゴ・オープン」(ATP250/アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ/9月19~25日/賞金総額61万2000ドル/ハードコート)の男子ダブルス1回戦で第4シードのアンドレ・ヨーランソン(スウェーデン)/マクラクラン勉(イカイ)がトマス マルティン・エチェベリ(アルゼンチン)/ペドロ・マルチネス(スペイン)を7-5 6-4で下し、ツアーレベルで4度目のマッチ勝利を挙げた。試合時間は1時間8分。

マクラクランとヨーランソンのコンビは、今季14回目のダブルス出場。ふたりは8月にマッチ8連勝を飾り、シカゴ(チャレンジャー80/ハードコート)とバンクーバー(チャレンジャー125/ハードコート)で2週連続タイトルを獲得した。

ヨーランソン/マクラクランは準々決勝で、マルセロ・デモリナー/マルセロ・メロ(ともにブラジル)と対戦する。デモリナー/メロは1回戦で、マックス・シュナー(アメリカ)/ジョン パトリック・スミス(オーストラリア)を6-3 6-1で下して勝ち上がった。

テニスマガジン編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加