【ワイドショー通信簿】五輪直前だけど、無理だけはしないで... 室伏長官が悪性脳リンパ腫(スッキリ)

【ワイドショー通信簿】五輪直前だけど、無理だけはしないで... 室伏長官が悪性脳リンパ腫(スッキリ)

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2021/04/08

ハンマー投げでオリンピック4大会連続出場、アテネ大会で金メダル、ロンドン大会で銅メダルに輝いたスポーツ庁の室伏広治長官(46)は、悪性脳リンパ腫治療で、ゴールデンウイーク前(2021年4月)に手術を受けるという。

No image

キャスターの森圭介アナ「どんな病気なのでしょうか」

「全力で務めてまいります」とコメント

立川脳神経外科クリニックの齋藤達也院長が解説した。「リンパ球という白血球の一種が異常増殖するのがリンパ腫です。室伏さんは、それが脳にできるタイプということ。50~60代に多く、症状としては、頭痛や吐き気、手足が動きずらくなったり、言葉がしゃべりづらくなるということがあります。物忘れも目立ちます」

去年秋に判明して入院、その間もリモートワークで公務をこなせる程度の症状だったという。先月、自分の骨髄細胞を取りだす手術を受け、今後これを移植して、GW明けには退院予定だ。きのう7日、「東京オリンピック・パラリンピックのため全力で務めてまいります」とコメントを発表した。

坂口孝則(経営コンサルタント)「頑張りすぎず、完治に向けてやっていただきたいですね」

モーリー・ロバートソン(ジャーナリスト)「くれぐれも無理してほしくないです」

笠井信輔アナウンサーも悪性リンパ腫が発見されたが、抗がん剤治療などで完全寛解している。

(カズキ)

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加