「スパイの妻」黒沢清が蒼井優の“華”を絶賛、高橋一生へは「世界で一番うまい」

「スパイの妻」黒沢清が蒼井優の“華”を絶賛、高橋一生へは「世界で一番うまい」

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2020/10/17

「スパイの妻」の公開記念舞台挨拶が、本日10月17日に東京・新宿ピカデリーで開催され、キャストの蒼井優高橋一生東出昌大坂東龍汰、監督の黒沢清が登壇した。

No image

「スパイの妻」公開記念舞台挨拶の様子。

すべての画像・動画を見る(全21件)

No image

太平洋戦争前夜の兵庫・神戸を舞台に、連合国のスパイと疑われる貿易商とその妻を描いた本作。満州で恐ろしい国家機密を知ってしまった福原優作役で高橋、周囲から“スパイの妻”と罵られる聡子役で蒼井が出演している。

No image

この日の会場には、席の間隔を空けない状態でファンが詰めかけた。蒼井はその景色を見渡し「いろいろな思いがあるでしょうけど、映画館に帰って来てくださってありがとうございます」と感謝を述べる。続く高橋も「隣り合わせにお客様がいる状況で、とても幸福な気持ちです」と話した。

No image

本作で黒沢は、第77回ヴェネツィア国際映画祭の銀獅子賞(監督賞)に輝いた。黒沢と3度目のタッグにして初主演を務めた蒼井は、黒沢作品の特徴を「画の外からの圧と、画の外への広がりだと思います。銀獅子監督の前で何を偉そうに、という感じですけど(笑)」と述べる。本作の出来に関しては「すごく骨太な映画ができたと思いました」と自信をのぞかせた。

舞台挨拶では、黒沢がキャスト4名それぞれの魅力に言及した。蒼井には“華”があると説いた黒沢は「会っていると普通の人みたいなんですけど、画面に映ると、隅の方にいても、うしろを向いていても輝く。観客も『どんな状況に置かれてもこの人を観続けるぞ』と思ってくれたはず」と続ける。そして今回初タッグとなった高橋については「舌を巻くほどうまいんです。うまいってどういうことかとよく言われるんですが、うまいという言葉に尽きます。セリフが長くても短くても、観客の心を誘導する力がある。たぶん世界で一番うまいんじゃないかな(笑)」と絶賛。それを受け高橋は「もう思い残すことないですね(笑)。今日、これで終わってしまってもいいくらい」とはにかんだ。

No image
No image

さらに黒沢は、「散歩する侵略者」「クリーピー 偽りの隣人」でも現場をともにした神戸憲兵分隊長・津森泰治役の東出を「本人は嫌がるかもしれないけど、ただ“あやしい”んです」と評価する。「“怪”のほうのあやしさもあるし、“妖”のほうのあやしさもある。妖怪だと言ってるわけじゃないですよ(笑)。出てきた瞬間何か起こりそうな感じがするところが、大好きです」と笑顔で説明。そして今回黒沢組に初参加を果たした、優作の甥・竹下文雄役の坂東については「もうちょっと緊張するかなと思っていたんですが、全然していらっしゃらなかった。蒼井さんとのハードなやりとりも楽々やっていた感じ。傍若無人と言うか、将来ものすごい大物になる器なのかな、とほほえましく見ていました」と振り返った。

イベント後半には、キャストたちがそれぞれの印象を打ち明けた。東出から蒼井へは「蒼井優さんって僕の中で、“お芝居の化け物”なんです。行き過ぎた言葉でごめんなさい(笑)。手を上げるシーンでは本当に叩くべきか悩んだんですけど、すっごく計算されたお芝居をされるので『全然叩かないでも(叩かれたように演技できるので)大丈夫』と言っていて、改めてすごい人だなと思った」という言葉が。先程“妖怪”と言われていた東出に“化け物”と呼ばれ、蒼井は「どんな映画なんですかね!」と笑った。

No image

終盤に黒沢は、ヴェネツィアで獲得した銀獅子トロフィーを披露し「ささやかながら映画の歴史にこの『スパイの妻』という作品を刻めたのかなと、これを見て実感が湧いています」とコメント。そして蒼井が観客へ「少しでも多くの方が、安心して劇場で映画を観るという喜びを体験してくださったら幸せです」と語りかけ、舞台挨拶は終了した。

「スパイの妻」は全国で上映中。

(c)2020 NHK, NEP, Incline, C&I

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加