「少年ジャンプ」伝説の編集長・鳥嶋和彦氏 新漫画賞でタテカラー作品審査に初挑戦「二つの鉄則」明かす

「少年ジャンプ」伝説の編集長・鳥嶋和彦氏 新漫画賞でタテカラー作品審査に初挑戦「二つの鉄則」明かす

  • よろず〜ニュース
  • 更新日:2022/08/06
No image

マンガアプリ「comico」は5日、「comicoタテカラー漫画賞」の開催を決定し応募受付を開始。「週刊少年ジャンプ」の元編集長で、「DRAGON BALL」「Dr.スランプ」(ともに鳥山明)など数多くのヒット作を立ち上げた伝説の編集者・鳥嶋和彦氏(現NHN comico株式会社顧問)が特別審査員として初めてタテカラー漫画(WEBTOON)の審査を行う。

【写真】特別審査員を務める鳥嶋和彦氏

募集対象は「縦スクロール」「フルカラー」形式のタテカラー(WEBTOON)作品のみで、作品テーマは自由。年齢や、プロ・アマの経験等も一切不問。「グランプリ」(賞金100万円)、「準グランプリ」(50万円)、「鳥嶋賞」(20万円)、期待賞(5万円)の4賞を設け、「グランプリ」「準グランプリ」「鳥嶋賞」の受賞者には担当編集がつきデビューまで徹底サポートするほか、鳥嶋氏と受賞者が直接対話できる「オンライン講評」の副賞を企画。締め切りは10月10日、応募は同アプリの「チャレンジ」投稿ページから。結果は11月発表予定。

鳥島氏は「応募作は、プロへの名刺です。二つのことを考えて応募して下さい。『1.読者を想定する』。必ず誰かに読んでもらう。それがダメなら、仮の読者を想定する。『2.縦スクロールを研究する』。一番面白いと思った作品を書き写して(簡単でいいので)、描き方を分析する。誰もが、わかりやすく読めるのが漫画であり、それを可能にするのが技術です。あなたの描きたい漫画をどう読者に読ませるか、頭を絞って下さい。それがあなたを世界へ紹介する、名刺となります」とコメントを寄せた。

(よろず~ニュース編集部)

よろず〜ニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加