乳幼児時代の気質は20年後の人格形成に影響を与えていることが判明(米研究)

乳幼児時代の気質は20年後の人格形成に影響を与えていることが判明(米研究)

  • カラパイア
  • 更新日:2020/05/08

乳児時代の気質は人格形成に大きな影響 / Pixabay 個人の人格(性格・気質)はどのように形成されていくのか?遺伝なのか?環境なのか?かねてから様々な研究が行われており、そのどちらも影響を及ぼしている可能性が示唆されている。
 今回、アメリカで発表された研究は、生まれてまだまもない乳幼児時代の気質が、その人の一生の気質にどう影響するかを調べたものだ。
 その結果、乳幼児期、内気で内向的な気質を

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加