白川陸斗、劇的フィニッシュで「朴超え」果たす!

白川陸斗、劇的フィニッシュで「朴超え」果たす!

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/22

◇RIZIN.25 スペシャルワンマッチ ○白川陸斗 3R4分19秒TKO 朴光哲●(2020年11月21日 大阪城ホール)

No image

<RIZIN25>朴光哲(右)に勝利した白川陸斗(C)RIZIN FF

大阪城ホールが舞台だから、「浪速のトリックスター」が輝かなければ話にならない。白川が鮮やかな逆転勝利で、ベテランの朴をマットに沈めた。

静かな展開の続いた序盤戦。執拗に、老かいにカウンターを狙う相手を明らかに白川は攻めあぐねていた。試合が大きく動いたのは最終3Rの2分過ぎ。白川の右ストレートが43歳の顔面をヒットし、そのままマウントポジションに入った。ここは決め手を欠いたものの、スタンドに移行した4分過ぎに衝撃のシーンが訪れた。朴のフックをかわし、顔面ががら空きになったところへ右、左、右のラッシュ。「あのままでも(判定で)勝っていたと思うけど、魅せる試合をしたいと、前に出た結果がKOにつながった」。振り返る声に、充実感がにじんだ。

激しいファイトを演じたフェザー級のホープも、マイクを握れば、笑いにうるさい?大阪人の“性”がうずく。「これからもバチバチの大阪人らしい試合をしていきま~す」。3週間前に急きょ決まった参戦。「RIZIN.22」(8月、横浜)で萩原京平に壮絶な打撃戦の末に敗れた借りも返した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加