おぎやはぎ小木がホランにまたセクハラ! フジテレビは『バイキング』のコンプラをどう考えてるのか?

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2020/09/16

16日のフジテレビ『バイキング』(月~金曜11:55)でホラン千秋が、リモート出演。またもやセクハラを受けていた。

この日の放送では、番組の最後に先月28日に急性心不全で亡くなったタレント・岸部四郎さん(享年71)の話題を取り上げた。岸部さんの波乱万丈の生き様について印象を聞かれたホランは「私なんかがたくましいって言うのは変ですけど、自分の身に降りかかる災難を逆手に取って笑いに変えたりとか、やっぱりエンターテイナーですよね。お茶の間の皆さんに還元するって言うのは、凄いなっていう風に思いました」と語った。

これに対しておぎははぎの小木博明(49)は何を思ったか「ホランだって男とか全然いないけど、それ逆手に取ってやってんじゃん、笑いに変えて」と、本人は軽口のつもりかもしれないが、コンプラアウトなセクハラコメント。これにはホランも小さな「はぁ」というため息。さらに画面に映っていない、タレントの峰竜太(68)の「おいおい」というあきれ果てた声も響いた。

ホランは斜め上を見つめ少し考えると「まあ、確かに」と笑顔で小木のセクハラをいったん飲み込んだのだが、「まあだから、まあ確かにというか、自分の、」とコメントを続けようとして思うことがあったのか口調を変え「別に災難と思ってないのよ! 男がいないことを私別に、一人で幸せなんだからほっといてください!」と強く訴えた。

スタジオにカメラが戻るとMCの坂上忍(53)とおぎやはぎの二人は「キレる」「結局キレるんだね」とホランに非があるような口ぶりだった

この日はセクハラだけではなく、坂上からは馬鹿にしたような弄りを受けている。

番組の冒頭で米俳優のブラッド・ピットと、アンジェリーナ・ジョリーの泥沼離婚について特集した際、アンジーがブラピと新恋人とのデートに怒っているという報道について、坂上にコメントをふられると「恋人的な愛はもう二人にはない訳じゃないですか。離婚でずっと泥沼な訳ですから。そこはたぶん良いんだと思うんですよ、どんな相手と何やってようが、別にどうだって良いわよと思ってると思うんですけど」とコメント。続けて語気を強めて「それを自分のテリトリーにしかも大切な日に、やるってありえる!? あなた!っていう」とアンジーの怒りを代弁した。

このコメントに対して坂上は「なんか、矢作君キーキー言ってるけど」と発言したのだ。

ホランも負けじと「キーキー言ってんじゃない、キーキー言わせたのはあんたよ」と強気で反撃したのだが、MCの坂上を“アンタ”と呼んでしまうくらい怒りを買う発言だったのだろう。

出演するたびにセクハラを受けたり、失礼な弄りをされるホラン。TBSの『Nスタ』ではキャスターを務めているのだが、『バイキング』でのこの立ち位置はまだ必要なのだろうか?

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加