コロナ対策など総額885億円余の1月補正予算案・県会臨時会で可決 長野

  • SBCニュース
  • 更新日:2022/01/14

県議会は臨時会の本会議を開いて1月補正予算案を審議し、阿部知事は、「感染症から県民の皆様の命を守り暮らしと産業を支え切れ目なく取り組んでいくことを目的に編成した」と提案説明で述べました。
補正予算案は、過去最大規模の国の補正予算を受け総額は885億5900万円余りに上り、このうち新型コロナ対策関連には355億円余りが計上され、3回目のワクチン接種の促進や飲食店の支援事業などに充てられます。
採決の結果、補正予算案は可決されました。

mosa

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加