中野友加里が羽生結弦を徹底解剖!「彼は毎日考えながら生きている選手」

中野友加里が羽生結弦を徹底解剖!「彼は毎日考えながら生きている選手」

  • ココカラネクスト
  • 更新日:2020/07/30

フィギュアスケートのソチ五輪、平昌五輪代表で昨季男子シングル史上初となる「スーパースラム」を成し遂げた羽生結弦。

これまで数々の偉業を達成し人々を驚かせてきた羽生だが、そんな「王者」の強さの秘訣はどこにあるのか。

元フィギュアスケーターで現在は解説者として活動中の中野友加里さんが、元フジテレビアナウンサーでスポーツアンカーの田中大貴が様々なスポーツ選手・解説者等を迎えてトークを広げるYouTube「田中大貴のアスリートチャンネル」にゲスト出演し、羽生の強さ、そして人間性について徹底解剖した。

自分は王者、それを守らなければ

No image

昨シーズンの羽生はシーズン初戦のGPスケートカナダ、NHK杯と連続優勝。その後GPファイナル、全日本選手権は2位に終わったものの、今年2月に行われた四大陸選手権で優勝し、男子シングル選手として初めてのスーパースラムを達成した。
昨シーズンの羽生の印象を、中野さんはこう振り返る。

「進化し続ける王者かなと思います。本人の向上心がとても高い。それに加えて、自分がいつもトップにいるのにも関わらず、その自分を超えていく強さがある。どこからその強さが来るのかと思いますね。」

と、中野さんも「アスリートの鑑」と話す通り、王者と言えど常に進化し続けている印象の羽生。

その「強さ」はどこからきているかと問われた中野さんは、

「自分がトップにいても、それでもやはり下からの追い上げは来る。その追い上げに対して突き放すかのような練習をしているんじゃないでしょうか。自分は王者なんだ、そしてそれを守らなければいけないという強さがあるのかなと思います。この強さは日々の練習、そしてタイトルを獲得していく上でついていくものでしょうね。」

と、「王者・羽生」の強さの根本を分析した。

毎日考えながら生きている選手

羽生といえば、試合後のインタビューでは常に冷静に試合を振り返り、自分で自分を分析している印象がある。これまで数々のアスリートを取材してきた田中でさえも「インタビューする側が緊張する」と話すほど。自身も引退後は「いちインタビュワー」として選手に話を聞く機会のある中野さんは、その点についてこう話す。

「本当に、言葉を選んで聞かないと、本人が思っていることと違う回答になるということもあるので、そこは気をつけて聞かないといけないですね。インタビューを聞いていると、凄く的を得たことを言っているし、自分の反省点をしっかり口に出している。毎日考えながら生きている選手ですね。」

中野さん曰く「生まれもってのフィギュアスケーター」だという羽生。

動画内では、そんな「王者・羽生」故に、スケーターたちが心に留めておくべき「フィギュアスケート界のあり方」についても語っている。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

CocoKARA next

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加