クレイチコバ/ラム組が2度目の混合複制覇、全豪OP

クレイチコバ/ラム組が2度目の混合複制覇、全豪OP

  • AFPBB News
  • 更新日:2021/02/21
No image

全豪オープンテニス、混合ダブルス決勝。トロフィーを掲げて優勝を喜ぶバルボラ・クレイチコバ(右)とレジーブ・ラム(2021年2月20日撮影)。

【AFP=時事】全豪オープンテニスは20日、混合ダブルス決勝が行われ、大会第6シードのバルボラ・クレイチコバ(チェコ)/レジーブ・ラム(米国)組が6-1、6-4でサマンサ・ストーサー(オーストラリア)/マシュー・エブデン(オーストラリア)組を下し、ペアとして2度目の大会制覇を飾った。

昨年大会をニコラ・メクティッチ(クロアチア)とのペアで優勝したクレイチコバにとっては、この種目3連覇となった。

クレイチコバはカテリーナ・シニアコバ(チェコ)とともに臨んだ女子ダブルスではエリーゼ・メルテンス(ベルギー)/アリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)組に敗れていたが、前日の落胆をばねにしてこの日はわずか59分で勝利を収めた。

一方のラムは、ジョー・ソールズベリー(英国)とのコンビでイワン・ドディグ(クロアチア)/フリップ・ポラセック(スロバキア)組と対戦する男子ダブルス決勝を21日に控えている。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加