偉業に挑むアーモンドアイに対して、堤礼実アナが抱く「特別な感情」

偉業に挑むアーモンドアイに対して、堤礼実アナが抱く「特別な感情」

  • Sportiva
  • 更新日:2020/10/18
No image

堤 礼実連載:『華麗なるウマ話』第4回

スポルティーバとフジテレビの競馬中継番組『みんなのKEIBA』とのコラボ企画としてスタートした、堤礼実アナウンサーの連載『華麗なるウマ話』。今回テーマは、史上最多の芝GI通算8勝を狙うアーモンドイについて――。

秋華賞、過去の激走馬に似ている「穴馬3頭」

No image

この夏、番組内の『みんなの夢馬券』のコーナーでは、細江純子さんが8週連続で予想を的中させたことが話題となりました。

うれしいこととはいえ、これだけ的中が続くと、プレッシャーもかかりますよね。細江さんは9週連続がかかったローズSの時、「達成したい」と言いつつも、「大きなことは言わずに、謙虚にいきます」ともおっしゃっていたのですが......。

でも実際に"連勝"がストップしたときは、落ち込んでいらっしゃいました。プロとして、本当に自分に厳しい方なんです。

細江さんは普段からそうで、予想を外すと「なぜこうしなかったのか」とか、「本当はこうだったな」と、オンエアーが終わったあとも、悔しそうに話をされているんです。スタッフに「もう終わったことなんですから」と、突っ込まれたりしながら(笑)。

それだけに、このときはいつも以上に、ずっと落ち込んでいたみたいです。

でも、さすがは細江さん。9週連続的中を逃したローズSの直後には、中山のメインレース、ラジオ日本賞の予想を見事に的中させました! さらに翌週には、パドックで"イチオシ"に挙げたセンテリュオがオールカマーで勝利。細江さんの"プロ魂"を垣間見たような気がします。

細江さんの馬を見る目は、個人的にはものすごく参考にさせていただいています。どういう点から良く見えたのかを伺うと、その理由がいつもわかりやすくて。私にとって細江さんは、頭が上がらない存在です。

No image

さてこの秋は、牡牝両方で可能性がある3冠馬誕生もさることながら、もうひとつ、注目のポイントがありますよね。

もちろん、アーモンドアイの芝GI通算8勝なるか、です。

前回の連載では、コントレイルへの熱い思いをさんざん語っていただけに、なんだか浮気するみたいで申し訳ないのですが、やっぱり私にとって、アーモンドアイは特別な馬なのです(笑)。

私が競馬番組に携わって、少しずついろんなことが理解できるようになった頃、ちょうどデビューしたのがアーモンドアイでした。

彼女は早くから力のあるところを見せてくれて、3歳の時には牝馬3冠を達成したばかりか、ジャパンカップでも勝利。4歳になって以降も、海外G1を含め、次々にタイトルを獲得してきました。

そんなアーモンドアイも、気がつけば、引退が近づいてきている――。次はどんなレースを見せてくれるのだろうと、いつも楽しみにしていたし、もっともっと彼女のレースを見ていられると思っていたのに......。ちょっとだけ、感傷的な気持ちになっています。

アーモンドアイのレースだけは、何というか、運動会に出る子どもを見守る母親のような気持ちで見てしまうんです(笑)。この秋が国内ではもう最後かもしれないという寂しさもありつつ、有終の美を飾ってほしいという期待もありつつ、不思議な気分です。

当たり前ですけど、やっぱり見たいですよね、史上最多の芝GI8勝目!

主戦のクリストフ・ルメールジョッキーも、「この馬はすごい!」とずっと話されていますし、関係者の方のコメントを聞いていても、たぶん、私が思っている以上に強い馬だと思います。

私には応援することしかできませんが、デビューから見守っている馬に、GI勝利の史上最多記録を作ってもらいたい。無敗の3冠と同じく、史上最多GI勝利記録が生まれるその瞬間に立ち会いたい、という気持ちはすごく強いです。

それでも、一番の気持ちは、アーモンドアイの底力が見たい。その一点に尽きます。

もちろん、勝ってほしいし、記録も塗り替えてほしい。だけど、何より彼女の最高の走りが見たい。記録達成の瞬間に立ち会いたい、という願望は二の次なんです。

国枝栄調教師も「アーモンドアイは、どんどんよくなっていく」という話をされていましたよね。引退の二文字が頭をよぎるなか、見ているこちらが「いや、ちょっと待って。アーモンドアイってどんどん強くなってない? 彼女のピークはどこにあるの?」って思ってしまうくらいの、最高の走りを見せてほしいなと思います。

秋は食べ物が美味しい季節。私も、栗ご飯、松茸ご飯など、炊き込みご飯が大好きなので、うれしい季節です。実家暮らしなので、料理はもっぱら母親に甘えっぱなしですけどね(苦笑)。

9月の終わりには、今シーズン初めて栗を食べました。でも、何だか苦くて。母親とふたりで、「旬の栗って、こんなんだっけ?」と顔を見合わせてしまいました。秋競馬を堪能している私も、残念ながら、まだ食の面では秋を感じることができていません。

銀杏も美味しい季節ですよね。お酒を片手に銀杏をつまみながら、次のレースのことをあれこれと考えるのもいいですよね、きっと。

競馬と秋の味覚。この時期、お家時間を満喫するには最高の組み合わせです。

No image

Profile

堤 礼実(つつみ・れいみ) 2016年フジテレビ入社。

1993年11月23日生まれ、米国カリフォルニア州サンノゼ出身。

血液型:O型。趣味:ミュージカル鑑賞、ダンス。

好きなもの:東宝ミュージカル、宝塚歌劇、ハプスブルク家、

パクチー、チーズ。

モットー:「一瞬一瞬を大切に」「意志のあるところに道はある」

『みんなのKEIBA』(毎週日曜・午後3時00分~)
★『みんなのKEIBA』公式HPはこちら>>
★『みんなのKEIBA』のTwitterはこちら>>
★堤礼実アナのInstagramはこちら>>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加