だいたひかる 第1子出産「味わった事のない感動と安堵感」不妊治療と乳がん乗り越え

だいたひかる 第1子出産「味わった事のない感動と安堵感」不妊治療と乳がん乗り越え

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/01/15
No image

だいたひかる

タレントのだいたひかる(46)が14日に第1子男児を出産したことを同日、ブログで公表した。血圧が高かったため13日夜に緊急入院。帝王切開で出産した。体重3198グラムで母子共に健康。予定日は今月30日だった。

不妊治療と乳がん闘病を乗り越え、わが子を胸に抱いた。「今までに味わった事のない感動と、安堵(あんど)感でゆっくりしています。地球へようこそ!」と報告した。

13年5月にフリーディレクターの小泉貴之氏と再婚。不妊治療を行うも、16年1月に乳がんと診断され右胸を全摘出した。がんは再発し、19年に再手術。不妊治療再開のため放射線治療を一時中断し、昨年5月、40歳の時に凍結した受精卵を移植し、妊娠した。

だいたは「一緒に夢を追いかけてくれた夫と、見守ってくれた家族…そして応援していただいた皆さまに、感謝の気持ちでいっぱいです!!」と感無量の様子。小泉氏はブログで「体をはって、命をかけて挑んでくれた妻には本当に感謝しかありません。心から誇りに思います」とだいたをたたえた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加