ファミマ、麺屋こころ『台湾まぜそは』冷食が発売 おむすびと一緒に買うべし

ファミマ、麺屋こころ『台湾まぜそは』冷食が発売 おむすびと一緒に買うべし

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/02/22

2月23日(火)より、全国のファミリーマートにて、オリジナル惣菜・冷凍食品ブランド「お母さん食堂」の「麺屋こころ監修 台湾まぜそば」(税込298円)が発売される。

■あの味が手軽に冷凍食品で

No image

23日から発売される同商品は、『麺屋こころ』の看板商品・台湾まぜそばの味が再現されており、名店のあの味を、手軽に自宅で味わうことができるという。

麺は濃厚なたれがしっかりと絡み、もちもち食感で食べ応えのあるストレート太麺を使用。魚粉のきいた濃厚な味がクセになる辛うま醤油だれが味付けのポイントで、好みに合わせて調整できるガーリックパウダーも付いてくる。

具材には、炙りチャーシュー、肉みそ、ニラをが入っているそうで、一食約340グラムとかなり食べごたえのある一品だ。

関連記事:ファミマとラ王のコラボおむすび 予想以上のパンチ力で食欲が止まらない

■『麺屋こころ』とは

『麺屋こころ』は、発祥の地・名古屋で修業を積んだ店主の石川琢磨氏が、首都圏を中心に店舗を展開し、首都圏で台湾まぜそばを広め全国的な大ブームの火付け役となった台湾まぜそば専門店。

若者を中心に人気となり、SNSでも連日、書き込みのある人気チェーン店だ。

■シメ用のおむすびも忘れずに

麺を完食した後のたっぷりな濃厚なたれは、ご飯との相性も抜群。『麺屋こころ』でも、白米と一緒にいただく“追い飯”はファンの間では定番のスタイルとなっている。

まぜそばのシメに追い飯ならぬ、ファミマのおむすびを使った“追いむすび”はぜひとも試してみてほしい。

また、自宅で食べる場合には、卵黄をトッピングするとまろやかな味わいになる他、味変としてお酢を加えてみても、さっぱりとした味わいになりオススメとのこと。

・合わせて読みたい→いま、セブンとローソンの担々麺が熱い 食べ比べて分かった大きな違い

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加