阪神、2位ヤクルトに競り負け2.5差 5度の先頭出塁生かせず9度目の完封負け

阪神、2位ヤクルトに競り負け2.5差 5度の先頭出塁生かせず9度目の完封負け

  • ベースボールキング
  • 更新日:2021/09/15
No image

阪神・矢野燿大監督

○ ヤクルト 1 - 0 阪神 ●
<20回戦・神宮>

阪神は打線が振るわず今季9度目の完封負け。先発の伊藤将は6回5安打1失点と好投したが、打線の援護なく7敗目(7勝)を喫した。

阪神は1番・近本が猛打賞をマークするなど、6回までに5度もイニングの先頭打者が出塁。しかし、この日は打線がつながらずゼロ行進を続けた。6回と8回は二死満塁としたが、いずれも6番・サンズが凡退し最後まで得点を奪えず。10残塁を記録し今季9度目の完封負けを喫した。

先発の伊藤将は初回に1点を失うも、2回以降は3イニング連続3者凡退をマークするなどしっかりとゲームメイク。7回以降は小川と岩崎がゼロを並べたが、投手陣の力投に打線が応えられなかった。

阪神は今回の2連戦、1敗1分けで負け越し。ヤクルト戦は先週の甲子園3連戦でも1勝2敗で負け越しており、2位のヤクルトに2.5ゲーム差に迫られた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加