ソフトバンク次期監督人事  基本線の小久保ヘッドは本当に「適任」なのか?

ソフトバンク次期監督人事 基本線の小久保ヘッドは本当に「適任」なのか?

  • AERA dot.
  • 更新日:2021/10/14
No image

小久保裕紀ヘッドコーチ(C)朝日新聞社

工藤公康監督の今季限りでの辞任の意向が報道されて以降、王者ソフトバンクが次期監督の人事で揺れている。

【写真】イチローが「本当の天才」と言った男とは?小久保裕紀ヘッドコーチが“既定路線”通りに監督に昇格すると思いきや、ここに来て他の後任候補の名前も挙がっている。今季低迷の原因、そして小久保ヘッドに対する現時点での評価が見て取れる。

今季は苦しんでいるものの、ソフトバンクはNPBで最も豊富な戦力を保有しているということは間違いない。昨シーズンには巨人のV9以来となる4年連続の日本一を果たし、今季も開幕前にはダントツの優勝候補と予想されていた。しかし蓋を開けてみると主力選手が相次いで故障離脱。投手陣ではエース千賀滉大、抑えの森唯斗、打線ではグラシアルなどチームの中核を欠き、本来の戦いが最後までできなかった。

「今季の低迷に関して責める声は聞こえてこない。投打の柱がいない状況では、百戦錬磨の工藤監督でも無理だったということ。オフの補強を含め、戦力を整えて(工藤監督の下で)再び来シーズンに勝負をかけると見られていたから驚きだった。正式発表はまだだが辞任の意向は固めている。一途で頑固な性格なので気持ちは変わらないはず。名将の後を継ぐ次期監督には、かなりの手腕が求められます」(ソフトバンク担当記者)

工藤監督は15年シーズンから指揮を執り、3度のリーグ優勝と5度の日本一を達成。結果とともに野球理論、人間性などを球団側から高く評価されていた。今季の低迷は故障者が続出したことが原因だったことは明白で、球団側も慰留に努めたが、工藤監督は責任を取る形で辞任を決心したと見られる。

今季から小久保ヘッドを招聘して次期監督へのレールを敷いたばかり。数年は工藤監督の下で帝王学を学び、指揮官の役割を継承させるはずだったのが、プランが狂い監督選びが難航している。監督としての経験値など、球団内部には小久保ヘッドの監督昇格は時期尚早という声があるのも事実だ。

「今季、攻撃面の選手起用などは小久保ヘッドに一任されていた。チームの調子が上がらない中、従来のレギュラー陣に固執し過ぎて打開策を見い出せなかった。長丁場のシーズンを任せるには経験不足を露呈してしまった。また時間が経過しているとはいえ過去の女性問題、脱税問題に不安を抱いている関係者がいるのも事実。盟主を自認する球団としては慎重にならざるを得ない」(スポーツ新聞野球担当記者)

小久保ヘッドの現役時代の実績、リーダーシップは文句のつけようがない。引退後も13年10月に常設化された侍ジャパンの初代監督に就任。17年の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)ではチームを準決勝進出に導いた。しかし今季は調子が上がらない松田宣浩、今宮健太など昨年までのレギュラー陣を多く起用し、シーズン中に流れを変えられなかった。一本気な性格が逆効果になっているようにも見えた。

小久保ヘッドの他に、後任候補として名前が挙がっているのが、かつて同チームを率いた秋山幸二氏だ。

「前監督の秋山氏を挟み、万全の体制で小久保監督誕生という可能性も浮上している。投手出身の工藤監督、野手出身の秋山監督の下で指揮官としての幅を広げ『小久保野球』を作り上げて欲しいということだろう」(スポーツ新聞野球担当記者)

秋山氏は05年にソフトバンク二軍監督に就任し、松田、本多雄一(現一軍内野守備走塁コーチ)といった、のちの中心選手を育て上げた。08年オフに王貞治監督(当時)を継ぎ一軍監督に就任すると、監督通算6年間でリーグ優勝3度(10年、11年、14年) 、日本一2度(11年、14年)、Aクラス5度と安定した成績を残した。現在はソフトバンクだけでなく、もう一つの古巣・西武の次期監督としても名前が挙がっていると噂されている。

また、過去にチームの主力選手として活躍した城島健司氏も候補の一人だ。

「城島の待望論は強い。セ、パ両リーグと、メジャーリーグを経験した選手としての実績。工藤監督など先輩方から叩き込まれ勉強を重ねた野球理論。世間に対して発信力もある明るい性格。名監督になるだけの資質、カリスマ性を兼ね備えている。本人は否定するが、監督打診をしている他球団もあるという話も聞く。ソフトバンクは絶対に手放せない人材」(ソフトバンク担当記者)

城島はソフトバンクの前身であるダイエーが弱小球団から強くなった歴史を知っている。現役最後の所属チームは阪神となったが、ホークスファンからすると九州の宝物という認識があるのは間違いない。今では“釣り人”としての暮らしを楽しんでいるが、20年には球団会長付特別アドバイザーに就任。将来的に指揮官としてソフトバンク復帰の可能性はゼロではない。そして監督就任を望む声は多く、小久保ヘッド、秋山氏とともに名前が挙がっているが……。

「小久保ヘッドのホークス愛は強い。現役時代、不可解な形で巨人移籍を経たことで球団への思いは増した。ヘッドコーチ就任時の『恩返しをできる機会を頂いた』という言葉は本物。来年だけ考えればいくつか選択肢もあるが、近い将来、監督として手腕を発揮して欲しい気持ちは誰もが持っている。小久保監督でホークス黄金時代が続くことが丸く収まるシナリオですけどね」(スポーツ新聞野球担当記者)

小久保ヘッドは、19年間の現役生活で16年間ホークスのユニホームを着た。03年オフに巨人へ無償トレードで移籍したが、06年オフにはFA権を行使しソフトバンクとなったホークスへ再び戻った。他チームでプレーしたこらこそ、ホークスへの良さを再認識したのだろう。

「攻めよ。勝ちたいなら」(9月16日、孫正義オーナーのツイッター)

優勝が遠のき諦めムードが漂う中、オーナーの発言が話題になった。このツイートはオーナーの「勝ちたい」という純粋な思いで現在も変わらないはず。工藤監督以下、選手、関係者も同様だ。

チームはリーグ優勝こそ逃したが、僅かながらクライマックスシリーズ進出の可能性もある。残りゲームで選手たちはどんなプレーを見せてくれるのか。そして、今季の悔しい思いを継いで監督となるのは誰なのか。オフに向けてソフトバンクの動向から目が離せない。

dot.sports

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加