土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?

土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?

  • アサ芸プラス
  • 更新日:2021/01/14
No image

お笑いタレントの土田晃之が、またもや視聴者の失笑を買ったようだ。

土田は1月8日放送の「バイキングMORE」(フジテレビ系)に出演。番組では、7日発売の「週刊文春」により報じられた、女優・三田寛子の夫で歌舞伎役者の中村芝翫の“4年ぶり2度目”となる不貞報道を扱ったのだが、そこで土田が放った発言に視聴者から反感の声が上がったのだ。

「スタジオに解説者としてして呼ばれた元週刊文春記者の中村竜太郎氏が、芝翫と三田の結婚経緯や一度目の不貞騒動、そして今回の不貞報道の詳細などを説明したのですが、その中で三田について『花の82年組といってですね、少年隊とか中森明菜さんとか小泉今日子さんとか同期で、アイドルをやられていたんですね』としたところ、突如として土田が横から『82年はシブがき隊じゃないですか?』と挟んできたんです」(テレビウオッチャー)

中村氏はこれを軽く聞き流し再び説明を続けようとしたところ、さらに土田は「(82年組は)明菜ちゃん、キョンキョンとかじゃないんですか?石川秀美さんとかシブがき隊とか。少年隊じゃなくてシブがき隊じゃないですか?」と固執し続けたのだ。

「土田が指摘した通り、82年組は少年隊ではなくシブガキ隊が正解。中村氏も『そうですそうです』と訂正し番組は進行しましたが、そもそも少年隊が82年組かそうでないかは本筋の話とまったく関係のない話。そのため一部視聴者には、土田のどうでもいい知識のひきちらかしが進行を妨げだと捉えられ、《アイドルに詳しいアピールやめろ》《わかったわかった。どうでもいいし、そのドヤ顔かんべん》《メインの話でまともなコメントしてくれ》とブーイングが殺到していましたね」(エンタメ誌ライター)

まともな指摘をしたにもかかわらずブーイングが上がるとは何とも気の毒なキャラだが、空気やタイミングを見誤るところに、その原因があるのかどうか。

アサ芸プラス

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加