ロッテ・藤原 フェンス際で大飛球を好捕「気持ちを入れて守っていた」

ロッテ・藤原 フェンス際で大飛球を好捕「気持ちを入れて守っていた」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/02/23

◇練習試合 ロッテ5‐4DeNA(2021年2月21日 宜野湾)

No image

3回1死一塁、田中俊の中飛を捕球する藤原(撮影・島崎忠彦)

高卒3年目で00年世代のロッテ・藤原は守備で魅せた。「1番・中堅」で先発出場。3回1死一塁で田中俊の大飛球をフェンス際まで俊足を飛ばして好捕した。

初回に右前打で出塁したが、1死二塁で中村奨の二塁へのハーフライナーで戻りきれずに併殺となっていただけに「走塁ミスがあったので、何とか取り返したいと気持ちを入れて守っていた」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加