【100歳の100の知恵】昨日の味噌汁に有り合わせの具、卵、うどんを入れて〈鍋焼きうどん風〉に。「ひとり用の土鍋」料理は、作るのも食べるのも楽

【100歳の100の知恵】昨日の味噌汁に有り合わせの具、卵、うどんを入れて〈鍋焼きうどん風〉に。「ひとり用の土鍋」料理は、作るのも食べるのも楽

  • 婦人公論.jp
  • 更新日:2022/11/25
No image

101歳の長寿を全うした生活評論家、吉沢久子さんが日々の生活のなかで見つけた「幸せに生きる方法」「暮らしのアイデア」「簡単に作れるおいしい料理」は今の時代を生きる上でもヒントがいっぱい。エッセイ集『100歳の100の知恵』(中央公論新社)から吉沢さんの極意を1つずつ紹介します。

この記事のすべての写真を見る

* * * * * * *

<100歳の100の知恵 55>

『「ひとり用の土鍋」料理は、作るのも食べるのも楽』

私はカボチャの味噌汁が好きで、冬になるとよく作りますが、ちょっと多めに作っておき、翌朝「カボチャの鶏肉団子うどん」にしていただきます。

ひとり用の土鍋に味噌汁を入れ、油揚げや青菜、ねぎ、鶏肉団子など有り合わせのものを加え、ゆでたうどんを煮て卵を落として鍋焼きうどん風に作ると、寒い朝の食事にぴったり。

No image

カボチャの味噌汁を多めに作って、次の日の朝鍋焼きうどん風に(写真はイメージ。写真提供:photo AC)

一品ですんでしまうので、作るのも食べるのも楽です。

油揚げは熱湯をかけて油抜きして刻んでから、一回分くらいずつ分けて冷凍。

鶏肉団子も作ってゆでてから冷凍しておくとすぐに使えるし、いろいろな料理に使えるので便利です。

吉沢久子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加