巨人打線、千賀の直球をとらえられず...江本氏「消極的」

巨人打線、千賀の直球をとらえられず...江本氏「消極的」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2020/11/21
No image

巨人・原監督 (C)Kyodo News

SMBC日本シリーズ2020・第1戦
● 巨人 1 - 5 ソフトバンク ○
<11月21日・京セラD大阪>

巨人はソフトバンク・千賀滉大に7回3安打無得点と抑え込まれた。

巨人打線は千賀のフォークを徹底的に見送っていたが、150キロを超えるストレートを捉え切ることができず、チャンスは作るがあと1本が出なかった。

21日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 巨人-ソフトバンク 日本シリーズ第1戦』で解説を務めた江本氏は「基本的にはストレートが速いというのが、どこか頭にある。振り遅れない、フォークはボール球を打たないということに頭がいってしまった感じですね。だから速い球に負けないために、バットを短く持つとかね。バッターボックスの位置を変えるなど工夫して、積極的な姿勢で打つ意識でいかないと。消極的じゃないですか。そのあたりも意識の問題。見逃す、見逃さないは別にしても、打たなきゃ」と喝を入れた。

それでも、江本氏はフォークを見逃した巨人打線に「狙いはよかったですよ。実を結ばなかったけれども、素晴らしい攻略法でしたね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加