矢野監督、佐藤輝明初4番は「ちょっと体験入部のような」/一問一答

矢野監督、佐藤輝明初4番は「ちょっと体験入部のような」/一問一答

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/03
No image

阪神対広島 5回裏阪神無死満塁、佐藤輝は右越え逆転満塁本塁打を放つ。投手は野村(撮影・加藤哉)

<阪神7-3広島>◇2日◇甲子園

阪神が広島を下し、3連勝とした。プロ初の4番に入ったドラフト1位佐藤輝明内野手(22)が、1-3の5回に右越えへ自身初の逆転満塁本塁打を放って逆転。さらに6回にも左前適時打を放って5打点と大きく貢献した。先発ガンケルは5回3失点でリーグ最多に並ぶ5勝目を挙げた。試合後、矢野監督のインタビューは以下の通り。

-初めての4番デビューで佐藤輝が満塁本塁打

4番はちょっと体験入部のような、体験させてみようかなと。ファンの記憶に残る、ファンの方がびっくりさせられるのは佐藤輝もっている。

-好調な外国人の中、佐藤輝に4番

経験させて。サードもそうだが、今の間に経験することで、今後いろいろ起こり得る。そんな中サードで4番いってみようかなと。

-再三のチャンスでやられていたチェンジアップを本塁打

ある程度、ストライクではあるが、ああいうゾーンに残れば佐藤輝は打てる。

ストライクゾーンの対応力はある。ただそれをホームランはすごい。

-節目でこういう結果はもっている

普段はマイペース。サードや4番は楽しそうに。マイペースな佐藤輝がどう考えたかは本人に。

-守備の動きは及第点か

反応よかった。ミスも覚悟してたが守ってくれた

-近本が出てかえって

出る中で相手に与える、得点にならなくても相手にダメージを与えられる。これから上がってくると思う。

-ガンケルは悔しい思いもあるが、勝ちがついた

先発に勝ちがつくのは大きい。先頭を出すこと多かったが粘った。チーム全体にとって大きい。

-テレビ、ラジオの向こうのファンに

前回も言ったが、環境が変わったからといって僕たちの野球は変わらない。満員で野球できることを思い描いて、こういう姿を見せて少しでも元気になってもらえれば。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加