深田恭子さんにとって“普通”の生活とは?「家族のために頑張る同世代を心から尊敬します」

深田恭子さんにとって“普通”の生活とは?「家族のために頑張る同世代を心から尊敬します」

  • mi-mollet(ミモレ)
  • 更新日:2021/10/14
No image

2019年の放送では泥棒一家“Lの一族”の娘・華と警察一家の息子・和馬の許されざる恋を描き、2020年放送のシーズン2では見事ゴールインした二人の波乱万丈な結婚生活が展開。2度にわたって視聴者を楽しませてくれたTVドラマ『ルパンの娘』が、『劇場版 ルパンの娘』として戻ってきました!

新キャラクター・三雲玲役に観月ありささんを迎えつつ、瀬戸康史さん、渡部篤郎さんをはじめとするTV版のオリジナルキャストが再び集結したこの劇場版。本当の家族みたいに感じたという撮影現場の様子や主人公・華への思い、さらには人生に対する考え方などを、主演の深田恭子さんが笑顔で語ってくれました。

華と和馬の“ロミジュリ感”が好き

ときにタイトな“泥棒スーツ”に身を包んだ女盗賊、ときに禁じられた恋に身を焦がす乙女、ときに育児に奮闘する母親と多彩な顔を持つ主人公・華を、シリーズを通して嬉々として演じていた印象を受ける深田さんですが、実際のところはどうだったのでしょう?

「TVドラマのシーズン2が作られただけでもすごく驚いたので、映画になるとは思ってもみませんでした。『どんな展開になるんだろう?』と楽しみにしながら台本を開いたら予想もつかない内容だったので、ここでもまた驚かされました。『ルパンの娘』は私にとって家族のような作品です。共演者やスタッフの皆さんとは長い期間ご一緒して、一人ではなくチーム全員で作り上げているという感覚がありました。玲役の観月ありささんとはお会いするのが初めてだったのですが、そんなことを感じさせないくらい気さくな方で、現場を楽しく盛り上げてくださいました。自分が小さい頃からずっと見てきた方なので、初対面のときはすごく感動しましたね」

深田恭子 Kyoko Fukada
1982年11月2日生まれ。東京都出身。1996年、第21回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞し、翌年女優デビュー。以降、数多くの作品に出演し、映画『下妻物語』(04)で第59回毎日映画コンクール女優主演賞、『ヤッターマン』(09)で第52回ブルーリボン賞助演女優賞、映画『空飛ぶタイヤ』(18)で第42回日本アカデミー賞優秀助演女優賞など多くの賞を受賞。近年の主な作品は、ドラマ『隣の家族は青く見える』(18)、『初めて恋をした日に読む話』(19)、『ルパンの娘』シリーズ、映画『空飛ぶタイヤ』(18)、『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』(声の出演/21)など。

劇場版ではTVドラマで好評だったミュージカルシーンやアクションシーンもふんだんに登場。大きなスクリーンに映えるようにスケールアップしたこれらのシーンは、観客の目を心ゆくまで楽しませてくれます。

「ミュージカルシーンやアクションシーンはTV版のシーズン1から回を重ねるごとにパワーアップしていった感じです。人数もどんどん増えていくので、練習の時はまるで部活のようでした。大貫(勇輔)さんが『この方がもっと綺麗に見えるよ』といった感じで私たちがやりやすいように教えてくださるので、すごく楽しかったです。シーズン2のときには待機場所で誰かが歌い始めると他のメンバーが順番に口ずさむようにまでなって。なんだかとても不思議な光景でした」

どうやら撮影自体をとても楽しんだ様子。TV版を含めて3作品で同じ役を演じるというのはとても稀有な体験だと思いますが、ご自身の演じた華という役についてはどう考えているのでしょう?

「華を演じるときに気をつけたのが、泥棒スーツを着る前と後での表情や口調の変化です。華は(泥棒スーツを着て戦うことに)葛藤はあるんですけど、それより愛する人たちを助けたいという思いが勝るので、その気持ちが伝わるような表現を心がけました。華を最初に演じたときは(武内英樹)監督から「(和馬との間に)“ロミジュリ感”を出してほしい」と言われたんですが、私も子どもの頃から『ロミオとジュリエット』の世界観が大好きでしたし、ミュージカルなども好きなので、華を通してそれらを体験できたので嬉しかったですね。舞台衣装のようなドレスを着たり、何でもない場所で華麗な歌やダンスを繰り広げたり。あと、華と和馬との関係には切なさがあって、それこそ“ロミジュリ感”があって現場に行くのが楽しみでした。お話があればまた華を演じてみたいです」

この発言を受けて「華のこの先の人生をもっと見せてほしい」と思った人も多いでしょう。それくらい役に息を吹き込み、魅力的に演じてくれた深田さんですが、『ルパンの娘』シリーズが人気を集めた理由についてこのように考えているようです。

「現実ではありえないことを、渡部(篤郎)さんをはじめ素晴らしい出演者の方々が真摯に演じているところなんじゃないかなと思います。あとは、リモート泥棒のように意表を突いた設定も素敵ですよね。この他にも時事ネタを盛り込んでみたりと、本当にいろんなことをやっていて、それが支持されているのかなと思います」

同世代のパワフルな姿を見ると強くなれる

劇場版において、華は愛する家族を守るためにさらに強い女性へと成長していきますが、深田さん自身はそのように自分を強くしてくれる存在はいるのでしょうか?

「私の周りにはパワフルに生きている30代後半から40代の友人が多くて、そういう人たちを見ていると自分も頑張らなきゃと思います。私をを引っ張ってくれる心強い味方です。私自身は本来、決して強いタイプではないんですけど。30代後半になると『これからの人生どうしよう』と切実に考えるようになりました。そうはいっても私は自分のために時間を使えてしまうので、お子さんのいる同世代の友人を見ていると本当にすごいと感じます。家族のご飯を作って、幼稚園や保育園の送り迎えをして、学校行事にも参加して……彼女たちを心から尊敬しています」

No image

10代の頃から20年以上、女優として第一線で活躍し続けてきた深田さん。彼女と同世代である30~40代の心に足跡を残したであろう映画『下妻物語』をはじめ今も語り草となっている出演作が数多くありますが、女優という仕事を長く続けてこられた理由はどこにあるのでしょう?

「応援してくださる方や求めてくださる方がいるからこそ、今こうして自分がここにいられると思います。ちなみに、私にとって『下妻物語』は青春そのものです。今でも撮影当時を思い出すと胸がきゅんとなります。『ミモレ』の読者には私と同世代の方が多いとお聞きして、すごく親近感がわいています。それこそ同世代だと共感できる部分が多いですし」

女優としてインタビューに応じながらも、時折見せる等身大の30代女性としての素顔はとてもチャーミング。『ルパンの娘』において泥棒一家に生まれた華は普通の生活を望みますが、芸能生活の長い深田さんも「普通」に憧れることはあるのでしょうか?

「“普通”の基準って、人によって違うのではないでしょうか。その時々で自分が『普通』と思えたらそれが普通で、それなりに居心地のいい場所だと思います。ですから、『主婦だからこうしなければいけない』とか『30代はこうするのが普通なんだ』という風に自分で決めつけなくてもいいと思います。もちろん自分が取った行動に対して後悔することはあるかもしれませんが、私はそれもまた悪くないと思っているんです」

ものごとを自分のものさしで測りつつ、必要以上に気負わないその姿に、素敵に年輪を重ねてきたことが伝わってくるよう。そんな深田さんが、最後に劇場版の見どころを語ってくれました。

「今回はLの一族が日本を飛び出してどんなことになるか……とんでもないことだらけで、台本を読み返すたびに新たな発見のある面白い展開になっていましたので、楽しみにしていただきたいです。音楽やミュージカルシーンなどもさらに壮大になっているのも魅力だと思います。お子さんのいらっしゃる方は映画館に行く事はなかなか難しいかもしれませんが、この映画はお子さんから大人まで楽しんでいただける作品になっていますので、劇場に足を運んでいただけたら嬉しいです」

撮影/赤松洋太
スタイリング/亘つぐみ(TW)
ヘアメイク/板倉タクマ(ヌーデ)
取材・文/さくま健太
構成/山崎 恵

深田 恭子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加