ソフト・デスパが球団史上初の日本S満弾「完璧に」

ソフト・デスパが球団史上初の日本S満弾「完璧に」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/22
No image

巨人対ソフトバンク 7回表ソフトバンク1死満塁、右越え満塁本塁打を放つデスパイネ(撮影・横山健太)

<SMBC日本シリーズ2020:巨人2-13ソフトバンク>◇第2戦◇22日◇京セラドーム大阪

ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手(34)が、球団史上初となる日本シリーズでの満塁本塁打を放った。

7回1死満塁。鍵谷の外角速球を仕留めると右中間をオーバーフェンスさせた。18年以来、2年ぶりの日本シリーズでの本塁打は、南海、ダイエー時代を通じて球団初のグランドスラム。「完璧にとらえられた。打った瞬間、入ると思ったよ。今日はチャンスで回ってくることが多かったし、あのチャンスで最高の結果になってくれて良かった」。1試合6打点は63年巨人柴田、04年西武カブレラに続き、史上3人目の日本シリーズ最多タイだ。大砲の真価を発揮し、チームも2桁得点の11点に積み重ねた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加