麒麟川島「動きだしたという感じ」M-1開幕に感慨

麒麟川島「動きだしたという感じ」M-1開幕に感慨

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/08/01
No image

麒麟川島明(2020年6月17日撮影)

漫才日本一を決める「M-1グランプリ 2020」の配信番組「M-1への道~東京開幕編~」が1日、同番組の公式サイトで生配信され、お笑いコンビ、麒麟の川島明(41)が出演した。

この日、東京・渋谷でM-1グランプリの予選1回戦が開幕。配信では当日の様子を伝えるとともに、1回戦を突破したコンビなどを紹介した。

コロナ禍でのスタートとなったが、川島は「M-1戦士たちも今年あるのかどうかと思っていたと思う。動きだしたという感じ」と、大会の始動に感慨深げ。ABCテレビのヒロド歩美アナウンサーは、無観客での開催に「拍手も10人くらい。小さい音で余計に緊張感がありますね」と予選を振り返った。

感染予防にも配慮し、センターマイクはコンビが入れ替わるごとに消毒するなど対策を徹底。漫才の冒頭でマイクをつかみ、「麒麟です」と低音ボイスを響かせることでおなじみの川島は「『麒麟です』なんて、あんなの今一番できない行為ですよ」と肩を落としていた。

川島は「波乱とはなりましたけど、我々芸人はテンション上がります。ステージから光を与えられるように頑張っていきます」と前向きに話した。

1回戦の司会を務めたお笑いコンビ、レギュラーも出演した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加