NMB好き川畑泰史に疑惑の目? 渋谷凪咲「休憩中に『好きになったらどうしよ』って言っていました」

NMB好き川畑泰史に疑惑の目? 渋谷凪咲「休憩中に『好きになったらどうしよ』って言っていました」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/05/14

吉本新喜劇とNMB48がコラボしたミュージカル「ぐれいてすと な 笑まん」が14日、大阪市中央区のクールジャパンパーク大阪WWホールで、初日の公演前に通し舞台稽古を行った。

新喜劇の芝居に歌と踊りを加えた本格ミュージカル。笑うとうつる「アホナウイルス」がまん延しているなんばで廃れていった新喜劇を復活させるストーリー。稽古期間は1カ月以上、長いときは1日12時間の特訓の成果を披露した。

慣れないダンスに苦戦するすっちー(50)は「笑顔がなかなか出なくて、ダンスのときはひどい顔してる」と自虐すると、渋谷凪咲(25)から「はにわみたいな顔している」とイジられた。

No image

通し稽古でダンスを披露する川畑泰史(中央)ら

脚本は新劇座長の川畑泰史(54)が担当。NMB好きで知られているだけに加藤夕夏(24)を妻役に設定したり、2人のシーンも多数あったりと私情を挟んでいる疑惑が浮上したが、「30歳違うんですよ!」と強く否定。しかし、川上千尋(23)は「『川畑さん、カップルみたいですね』と言うとまんざらでもなかった」。渋谷も「休憩中に『好きになったらどうしよ』って言っていました」と証言。島田珠代(52)からは「稽古場までのバスでNMBのメンバーが乗ってるときと乗ってないときのテンションが全然違った」とNMB好きの側面が続々と垣間見られた。

公演は22日まで。26~29日には東京・明治座で上演される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加