悩める張本智和、2回戦で惜敗「自分で解決していくしか道はない」<世界卓球2021>

悩める張本智和、2回戦で惜敗「自分で解決していくしか道はない」<世界卓球2021>

  • Rallys(ラリーズ)
  • 更新日:2021/11/25
No image

<世界選手権個人の部(世界卓球2021)ヒューストン大会 日時:11月23日~29日 場所:アメリカ・ヒューストン>

24日、世界選手権は2日目を迎え、男子シングルス2回戦に張本智和(木下グループ)が登場、ヤコブ・ディアス(ポーランド)に3-4で敗れ、2回戦敗退となった。

試合後、張本は報道陣の取材に答えた。

張本智和コメント

実力のある相手だったが試合の振り返り

これが今の実力なのかなと思います。やっぱりまだ思い切って振れているボールが少なかったので、「これなら得点できる」というプレーを確立しないと、初戦でしたけど、そういう(実力のある)選手に勝つのは難しいです。

五輪後、自身の状態は?

正直、五輪前と状態は同じで、(東京五輪の)団体戦ができすぎなだけで、最近の状態はずっと自分では良いと思ってなかった。

なので、五輪でシングルス負けたときは特別驚かなかったですし、今も同じ気持ちです。

状態が良くない原因は?

原因はいろいろありますけど、すべて自分の原因なので、自分で解決していくしか道はないですね。

身体はすごく元気なんですけど、ちょっと原因が1つではなくてたくさんあって、それが解決できなければこういう結果になってしまう。それが解決できたときに皆さんに良いプレーをお見せできたら良いなと思います。

目標はもちろんパリ五輪ですし、この大会でどんな結果になろうが、ベストを尽くすのは変わらないので、自分は自分を信じて(やりたい)。どこかできっかけが掴めたら良いなと思います。

ヨーロッパ選手に対しての意識は

相手の問題ではなくて、自分の問題だと思います。誰が相手でも今日こういう結果になっていたかもしれないし、明日そうなったかもしれないですし、相手どうこうというよりも自分のことです。

男子ダブルスが残っているが

パートナーに迷惑をかけないように、自分だけの責任ではないので、明日からしっかり準備して頑張りたいです。

男子シングルス2回戦結果

張本智和 3–4 ヤコブ・ディヤス(ポーランド)〇
11-7/6-11/11-7/6-11/11-6/8-11/9-11

文:ラリーズ編集部

ラリーズ編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加