26年ぶりに金沢で氷点下5度下回る...今季一番の寒気で石川県内厳しい冷え込み 路面凍結等に注意

26年ぶりに金沢で氷点下5度下回る...今季一番の寒気で石川県内厳しい冷え込み 路面凍結等に注意

  • 石川テレビ
  • 更新日:2023/01/25
No image

この冬一番の寒気が入り込んだ影響で、金沢は26年ぶりに氷点下5度を下回る厳しい冷え込みとなりました。

25日、石川県内は各地で厳しい冷え込みとなり、最低気温は輪島市三井で氷点下8.1度、七尾で氷点下6.5度、金沢で氷点下5.1度などと全ての観測地点で冬日となりました。金沢で氷点下5度を下回るのは26年ぶりです。

県警によりますと、午前9時までの24時間に県内で93件のスリップ事故が確認されました。

また金沢市内では60代の男性が雪道で転んで腰の骨を折る大ケガをするなど2人がケガをしています。そのほか、金沢市内の住宅で水道管の破裂が1件、凍結が15件確認されました。

気象台によりますと大雪のピークは過ぎましたが、日中の予想最高気温は金沢0度、輪島氷点下1度で引き続き路面の凍結などに注意が必要です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加