山田将矢が1500mで今季初優勝、先行策に手応え

山田将矢が1500mで今季初優勝、先行策に手応え

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/22
No image

男子1500メートルで滑走する山田(代表撮影)

<スピードスケート:全日本選抜競技会八戸大会>◇最終日◇22日◇青森・YSアリーナ八戸◇男子1500メートル

山田将矢(24=日本電産サンキョー)が、1分46秒65でリンク記録をマークし優勝した。

1000メートルの日本記録保持者は公式戦3大会目で今季初勝利となった。1周目を23秒39と飛ばし先行しての快勝に「スタートから突っ込むのが理想。世界のトップはそういうタイプしか勝てない」と手応えを得た様子だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加