遊人を“解剖”する本人公認プロジェクト始動、第1弾で原画やアパレル販売

遊人を“解剖”する本人公認プロジェクト始動、第1弾で原画やアパレル販売

  • コミックナタリー
  • 更新日:2021/02/22

遊人公認のプロジェクト「U-JIN KAIBO」が始動。第1弾の企画として、アパレルアイテムやコンセプトビジュアルなどの原画が、2月28日12時より同プロジェクトのオンラインショップで販売される。

No image

「U-JIN KAIBO」で展開されるアパレルアイテムの着用イメージ。

すべての画像を見る(全4件)

1970年代に活動をスタートさせ、代表作には「ANGEL」「校内写生」「桜通信」などがある遊人。「U-JIN KAIBO」では遊人というマンガ家を多角的に“解剖”し、さまざまな形のアウトプットで新しい魅力や解釈を発信していく。アパレルアイテムはキャップ1型、ロングスリーブTシャツ3型、フーディ2型を展開。原画は直筆サイン入りの桐箱に封入される。詳細は準備が出来次第オープンする、同プロジェクトの公式サイトで確認を。

コミックナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加