双葉郡の住民が交流「ふたばワールド」3年ぶり開催 11年半ぶり居住が可能になった福島・双葉町で

双葉郡の住民が交流「ふたばワールド」3年ぶり開催 11年半ぶり居住が可能になった福島・双葉町で

  • 福島ニュース 福テレ
  • 更新日:2022/09/23
No image

福島テレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

9月23日、福島県双葉町の産業交流センターで行われた『ふたばワールド』

全国に避難している双葉郡8町村の住民の交流の場を作ろうと、2013年から開かれているが、2022年は新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの開催となった。

マルシェには、双葉郡内に店を構える飲食店など35店舗が出店。2000人以上が訪れ、交流を深めていた。

来場者:「どんどん住民が戻ってきて、もっともっと町が活性化されればいいのかなと思います」

また、特設ステージにはKiroroの金城綾乃さんが登場。

福島県浪江町で津波被害に遭った請戸小学校のピアノで5曲を披露し、会場を盛り上げた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加