西武D4位・若林、チーム初安打&初盗塁で持ち味発揮

西武D4位・若林、チーム初安打&初盗塁で持ち味発揮

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/02/23

(練習試合、ソフトバンク3-2西武、23日、アイビースタジアム)西武のドラフト4位・若林楽人外野手(22)=駒大=が「7番・左翼」で先発し、二回にチーム初安打となる左前打など3打数1安打、九回には二盗も決めた。

「試合の中では結果を求めながらも、成長していければと思います」

二回に先頭打者として打席に立つと、杉山の156キロの直球を狙いすましたかのように左前へ運んだ。九回も先頭打者として四球で出塁すると、左腕・川原の警戒をかいくぐり、二盗を成功させた。

「思った以上に脚が動かなかったなと思いました。143試合を戦っていく中で、いつでも走れるように準備をしていきたいです」。走攻守の3拍子がそろうタイプが十分に持ち味を発揮した。

No image

9回、二盗を決める西武・若林=宮崎市生目の杜運動公園(撮影・村本聡)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加