ANAとJAL、国際線予約が増加傾向 入国上限撤廃や個人旅行解禁

ANAとJAL、国際線予約が増加傾向 入国上限撤廃や個人旅行解禁

  • Aviation Wire
  • 更新日:2022/09/24

全日本空輸(ANA/NH)と日本航空(JAL/JL、9201)は、国際線の予約動向を発表した。9月7日から3回目のワクチン接種を済ませていれば、日本へ入国時にPCR検査の陰性証明書の提出が不要になり、10月11日からは入国者数の上限撤廃や外国人の個人旅行解禁など水際対策のさらなる緩和が進むことで、国際線の旅客需要の復調が鮮明になってきた。

No image

国際線の予約数が増加傾向にあるANAとJAL=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

JALは22日、10月搭乗分の国際線予約動向を発表。水際対策緩和翌日の9月8日から14日の週に入った予約は、その2週間前にあたる8月25日から8月31日の週と比べ、日本発は約1.6倍、海外発は1.5倍に増えているという。

ANAは23日、10月から2023年1月までの国際線予約動向を発表。10月搭乗分は8月9日から15日までと9月15日から21日までの7日間平均を比較した場合、1日あたりの予約数は日本発が4倍、海外発は3倍に増え、12-1月分は9月5日から11日までと9月15日から21日の7日間平均を比較した場合、1日あたりの予約数は日本発が1.5倍、海外発は2倍に増加したという。

両社ともアジアと北米などを結ぶ3国間流動を除いた予約数となる。11日からはG7(先進7カ国)ではコロナ対策として日本が唯一実施している1日あたりの入国者数の上限を撤廃するほか、海外で主流の個人旅行解禁と短期訪日時のビザ免除も実施する。円安が進行していることもあり、水際対策の追加緩和によるインバウンドの増加が期待される。

Tadayuki YOSHIKAWA

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加