U24日本・堂安 久保の決勝ゴールに感謝「彼が決めてくれて、助けてくれて感謝しています」

U24日本・堂安 久保の決勝ゴールに感謝「彼が決めてくれて、助けてくれて感謝しています」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/07/23

◇東京五輪男子サッカー・1次リーグA組 日本1―0南アフリカ(2021年7月22日 味の素スタジアム)

No image

前半、競り合う堂安(右)(撮影・北條 貴史)

男子サッカーのU―24日本代表は22日、東京五輪1次リーグA組初戦でU―24南アフリカ代表と対戦し、1―0で勝利。後半26分、MF久保建英(20=Rマドリード)が左足で決勝ゴールを決め、20歳1カ月18日での得点で日本の男子五輪サッカー史上最年少記録を更新。久保の“歴史的一撃”により白星発進を飾り、1次リーグ突破へ価値ある勝ち点3を獲得した。

先発出場した堂安は試合後、「初戦、難しい形になりましたけど、何とか勝ち点3取れて良かったですし、良い雰囲気で2戦目を迎えられるかなと思います」と振り返り、決勝ゴールを決めた久保についても「二人で引っ張っていこうという話はしていたので、彼が決めてくれて、助けてくれて感謝しています」と感謝した。

最後に「まだ始まったばかりですけど、凄く短期決戦だと思うのでチームに貢献できるように頑張りたいと思います」と次戦以降へ意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加