カウンタックをはじめとしたマルチェロ・ガンディーニがデザインした名車たち【推し車】

カウンタックをはじめとしたマルチェロ・ガンディーニがデザインした名車たち【推し車】

  • MOBY
  • 更新日:2021/11/25

大衆車からスーパーカーまでこなす自動車デザインの巨匠、しかしジウジアーロなどと違い、どちらかといえば「低く、より低く!」にこだわり、ウェッジシェイプ(クサビ型)なミッドシップ・スーパーカーの印象が強い、マルチェロ・ガンディーニ御大。

ルノー5のように「こんな大衆車もデザインしました!」という車もよいのですが、やはり「ガンディーニらしい」名車を紹介したいと思い、3台を厳選しました。

アルファロメオ モントリオール(1970年)

No image

アルファロメオ モントリオール

1960年代のジュリアがベースとは思えない迫力ボディに、凄みのあるフロントマスク、レーシングカーのティーポ33および、そのストラダーレ(公道版)に由来を持つ2.6リッターV8をフロントに積むモントリオール。一連のアルファロメオの中でもなかなかの異端児です。

「今日もアルファは全開だぜィ!」と、せいぜい2リッターまでのエンジンをギンギンに回すラテンのノリとは異なりますが、さりとてマセラティのようにマフィアが乗っていそうでもありません。

直線的というよりグラマラス、低いクサビ型デザイン”ではない”ガンディーニデザインでは秀逸であり、同時にアルファロメオとしては珍しく重厚感あふれた、特別な1台と言えます。

ランボルギーニ カウンタックLP500プロトティーポ(1971年)

No image

ランボルギーニ カウンタックLP500プロトティーポ

ガンディーニといえばコレ!というカウンタックの中でも、1990年に市販型の生産を終えるまでに追加された空力パーツやインテークなどの余計な機能性部品のない「素のカウンタック」が、1971年に発表されたLP500プロトティーポ。

「驚いた」を意味するイタリア北西部の方言を由来とするその名の通り、デビューの場となたジュネーブショーでは後方視界や乗降性を半ば以上無視して実現した、あまりの車高の低さに騒然となります。

ランボルギーニを代表する名作として、後のV12ランボルギーニでデザインテイストやシザースドアは踏襲されていき、日本でもフェラーリ365GT4BBと二分する人気でスーパーカーブームを支えました。

ランチア ストラトス(1972年)

No image

ランチア ストラトスHF

ガンディーニが生んだミッドシップ・スーパースポーツの中でも、カウンタックと並びファンが多い伝説的スーパーカー。

元々はひたすら低さを追求したコンセプトカー(ストラトスゼロ)でしたが、フルビア後継としてラリーで勝てる車を求めたランチアの要望を大きく取り入れることとなります。低いボディは前後をまるっと開けて整備性の良好なフルカウルとし、中身も頑丈でタフな構造に。

1972年のテスト参戦以降WRCで数々の勝利を挙げ、不滅の栄光に包まれたかに見えたストラトスでしたが、親会社フィアットからは「そんなので勝ってもウチの市販大衆車車とイメージ違いすぎて販促にならん」と一蹴される、美しすぎるがゆえの悲劇も味わいました。

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

新型車に関する最新情報はコチラ!

【新車情報カレンダー 2021~2022年】新型車デビュー・フルモデルチェンジ予想&リーク&スクープ

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

※文中の参考リンクは削除されております。参考リンクは元記事(オリジナルサイト)でご確認ください。

兵藤 忠彦

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加