谷口徹が単独首位発進 1差2位に賞金王2人【国内シニア】

谷口徹が単独首位発進 1差2位に賞金王2人【国内シニア】

  • ゴルフ情報ALBA.Net
  • 更新日:2021/06/11
No image

単独首位発進を決めた谷口徹(提供:日本プロゴルフ協会)

<スターツシニア 初日◇11日◇スターツ笠間ゴルフ倶楽部(茨城県)◇6918ヤード・パー72>

国内シニアツアーの今季第4戦は、第1ラウンドが終了した。レギュラーツアー通算20勝の谷口徹が8バーディ・1ボギーの「65」をマーク。シニア2勝目に向けて、7アンダー・単独首位発進を切った。

ソックリ? マキロイと笹生優花のスイングを比較してみた【連続写真】

6アンダー・2位タイには昨季賞金王の寺西明、19年賞金王のタワン・ウィラチャン(タイ)。5アンダー・4位に賞金ランキング1位の篠崎紀夫が続いた。

前回大会覇者の倉本昌弘は2アンダー・16位タイ。大会通算2勝のプラヤド・マークセン(タイ)は1アンダー・21位タイで初日を滑り出した。

70歳の高橋勝成は3バーディ・ノーボギーの「69」をマーク。今季2度目となるエージシュートを達成し、3アンダー・8位タイの好発進となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加