ロバート・ダウニー監督1周忌追悼 『パトニー・スウォープ』東京・大阪で特別上映決定

ロバート・ダウニー監督1周忌追悼 『パトニー・スウォープ』東京・大阪で特別上映決定

  • ぴあニュース
  • 更新日:2022/06/23

ロバート・ダウニー監督による1969年製作の代表作『パトニー・スウォープ』デジタル・レストア・バージョンが、「レトロ・ムービー・デー」開幕記念として7月7日(木)午前10時、TOHOシネマズ日比谷、TOHOシネマズ梅田で上映されることが決定した。

昨今、デジタル技術の発達により、フィルムからデジタルにリストアされた過去作が再上映されるケースが急激に増えている。旧作に関しては現在DVDだけでなく配信という選択もあるが、やはり劇場のスクリーンで見たいという観客は多く、今年になっても30本近い旧作が公開されている。

「レトロ・ムービー・デー」では、1960~80年代の過去作の中から日本未公開作をピックアップ。海外での評価は高くてもなぜか日本では配給されることのなかった幻の作品を厳選しスクリーンで日本初お目見えさせるプロジェクトだ。

息子であり、ハリウッドを代表する俳優であるダウニーJr.に「アメリカ映画界における真の異端児」と言わしめた、父ダウニー監督。『パトニー・スウォープ』は、彼自身の経験をもとに黒人のCMクリエーター、パトニー・スウォープを主人公にして、広告業界とアメリカの社会そのものの欺瞞と虚像をえぐった過激かつスタイリッシュな作品だ。

アメリカン・ニューシネマの到来に沸く当時のアメリカ映画界において、時代の先駆者と称され観客たちを驚嘆させた本作が7月22日(金)より、渋谷ホワイトシネクイントを皮切りに順次全国公開となる。

そして今回ダウニー監督の死から1年となる今年7月7日、本公開に先駆け特別上映が実現した。

長らく幻の映画として知られてきた本作品だが、2016年に「ナショナル・フィルム・レジストリー」に選出されたことで新たに注目を浴びたという。さらに2019年にデジタル復元がなされた以後は全米映画ファンの間で「見なければいけない映画」の地位を獲得した。

またダウニー監督はジム・ジャームッシュや、ポール・トーマス・アンダーソンなど多くの映画作家に影響を与えたことでも知られる。

特にアンダーソンは本作品を最も影響を受けた作品のひとつに挙げている。7月1日(金)より日本公開される同監督の最新作『リコリス・ピザ』には「ロバート・ダウニーに捧ぐ」という献辞も贈られている。

■イベント情報
「レトロ・ムービー・デー'22開幕記念『パトニー・スウォープ』デジタル・レストア・バージョン特別上映」
7月7日(木)10時~(1回限り上映)
会場:東京・TOHOシネマズ日比谷 / 大阪・TOHOシネマズ梅田
チケット:7月5日(火)0時 / シネマイレージ会員・7月4日(月)21時~各劇場HPにて
料金:1,500円
公式サイト:https://putneyswope.jp

naoyakoike

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加