【指導者の視点】日本の全攻略に関わった田中碧と守田英正。二人の「調整力」が豪州戦勝利へ導く

【指導者の視点】日本の全攻略に関わった田中碧と守田英正。二人の「調整力」が豪州戦勝利へ導く

  • サカノワ
  • 更新日:2021/10/14
No image

日本代表の田中碧。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

二人に託された役割「チームとして優位に立てるポジショニング調整をする」。

日本代表がオーストラリア代表から大きな1勝を手繰り寄せた。大きな要因はインサイハーフに抜擢された田中碧と守田英正。サウジアラビア戦までの課題を解消するように攻守のタスクを二人が担い、日本のあらゆる攻略に関わっていた。その「調整力」は特筆すべき点だった。

日本代表はサウジアラビア戦から先発3人を変更。システムを4-2-3-1からアンカー(遠藤航)を配置する4-3-3に変更して、この一戦に臨んだ。

森保一監督のもと田中碧と守田が初めてセットで選択されたわけだが、二人に託されたのは「チームとして優位に立てるポジショニング調整をする」という役割だったことが分かる。

実際、サウジアラビア戦までと異なり、意図的にボールを前へ運んだり、ポジショニングを取るシーンが格段に増えていった。

具体的に、チームとして戦う「幅」を長友佑都と伊東純也が、「深さ」は大迫勇也が確保。そのなかで、遠藤、田中、遠藤の「3MF」が流動的に動きながらボール保持を安定させ、中央のライン間を南野拓実が入ってきて狙った。

そうした「意図」は明確に感じ、オーストラリアも明らかに困惑していて効果的だった。

とはいえ、ただポジションを取れればボールが動くわけではない。状況に応じてサポートの仕方を変えたり、スペースの移り変わりを認知してプレーしなければ上手くいかない。

実際のピッチ上で、それもW杯最終予選というプレッシャーのかかるなか、田中と守田は見事にそれをやってのけた。

オーストラリアの守備時のシステムは4-4-2で、2トップでプレスをかけてくる。

マークに付かれる日本の2センターバックのところで、どのように数的優位を作るのか。相手サイドハーフが、ボランチの脇やギャップをどう使うかもポイントだ。

その攻略のほぼ全てに関わっていたのが、田中、守田(遠藤航も)だった。

ライン間に立ちセンターバックなどからボールを引き出す役割、サイドハーフの後ろのスペースに流れてのフォロー、そして田中が得点シーンのようなゴール前への進入――。どこに有効なスペースがあるかを常に考えながらプレーしていた。

遂行すべきタスクは多かった。しかし彼らのテクニックと判断力を駆使し、シンプルにそして正確にこなしていった。

酒井と長友の両サイドバックが高く位置取り相手を押し込めたのも、南野が相手ライン間を突けたのも、田中と守田の優位に立つポジショニングがあったからこそだった。

それ以上に感心させられたのが、二人はボールがない時に常に周りを観察し、ハンドジェスチャーを交えてボールの動きや人の動きを味方に指示しながらプレーしていたことだ(機会があればDAZNで改めて振り返ってみてほしい)。

試合全体の流れを把握し、次の展開を予測。より優位性を保てる自分自身や味方のスペースがどこにあるかを判断し、伝えていた。ともにプレーしていた川崎フロンターレで培われたものが、今回活かされたとも感じた。Jリーグでの蓄積が代表チームに還元されたのであれば、これもまた貴重な収穫と言えるかもしれない。

一方、もちろん課題がないわけではなかった。90分走り切るフィジカル、ラストパスを通し切る最後の局面での精度、そのあたりは今後さらに強化しなければいけないポイントだと感じる。

チームとしても、中盤の選手たちがボールを繋ごうと一方のサイドに集中し、そこでサイドチェンジのロングボールからカウンターを食らい決定機を作られたシーンもあった。このシステムをものにしていくためには、戦術や選手間の意図の共有を深めなければいけないだろう。

いずれにせよ今後へ光明が差した一戦だったのは確かだ。まだプレッシャーかかる戦いが続くが、この試合で活躍した選手たちが中心となって、チームとしての成熟度を高めていけるか。11月シリーズ、ベトナム、オマーンとのアウェー2連勝を願いたい。

【著者プロフィール】
佐川祐樹(さがわゆうき)
1992年4月25日生まれ。広島県出身。広島大学大学院時に指導者キャリアをスタート。広島皆実高校サッカー部コーチ、広島修道大学サッカー部監督を経て、2018〜2020シーズンの3年間、FC今治のU-14コーチを担当。元日本代表監督でFC今治オーナーの岡田武史さんから「OKADA Method」を学び、原理原則やプレーモデルを大切にする育成法を学ぶ。現在は、山口市役所で勤務しながら山口県のサッカーに携わっている。

【注目記事】
三笘薫が語るベルギー生活。唯一「勘弁してくれ」と思うこととは?

【日本代表 採点】最高点「5」は3人。MOMは田中碧も素晴らしかったが「16番」をきりきり舞いさせた…

【PHOTO STORY】田中碧、浅野拓磨…日本代表、蒼く燃ゆる魂(18枚)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加