主将のロイス、土壇場の失点を悔やむ「僕らが2秒間スイッチを切った間に...」

主将のロイス、土壇場の失点を悔やむ「僕らが2秒間スイッチを切った間に...」

  • サッカーキング
  • 更新日:2021/04/07
No image

敗戦を悔やんだ主将のロイス [写真]=Getty Images

ドルトムントに所属するドイツ代表FWマルコ・ロイスは、敗戦に終わったマンチェスター・C戦を振り返ってコメントした。6日、UEFA公式サイトが伝えている。

ドルトムントは6日、チャンピオンズリーグ(CL)・準々決勝ファーストレグでマンチェスター・Cと対戦。敵地で行われたこの試合は、国内外で圧倒的な強さを見せているシティに先制弾を浴びるも、終盤の84分にロイスが貴重な同点ゴールを奪う。しかし、終了間際の90分に勝ち越し弾を許し、ドルトムントは第1戦を1-2のビハインドで終えることとなった。

この日、FWアーリング・ハーランドとの連携からゴールを決めた主将のロイス。あと一歩のところでマンチェスター・Cにリードを許す形となってしまった一戦を振り返り、このように語っている。

「僕らはイライラしているよ。終了間際の2失点目は必要ないものだったね。僕らが2秒間スイッチを切った間に、彼らがクオリティーを発揮してしまった。クロスが上がってくるのを止めなければいけなかったんだ。全体的に言えば、僕らは素晴らしいパフォーマンスをしていたというのにね」

「僕らはこれ以上できないところまで戦った。訪れたチャンスの中からもう1点を決められなかったこと、そして終盤に避けることのできた失点をしてしまったことに、すごくストレスを感じるよ」

「僕らのプレーは良かった。だけど、試合は1-2で負けたんだから、あまり重要じゃないんだよ」

ドルトムントのホームで行われるセカンドレグは、14日に開催される。

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加