春らしく寒暖差が大きい 沖縄にはそろそろ梅雨の気配(気象庁1か月予報)

春らしく寒暖差が大きい 沖縄にはそろそろ梅雨の気配(気象庁1か月予報)

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2021/04/08

2021/04/08 15:21 ウェザーニュース

今日8日(木)、気象庁は4月10日から5月9日までの1か月予報を発表しました。この先1か月は極端な高温傾向にはならず、春らしく寒暖差が大きくなる見込みです。

春らしく寒暖差が大きい

No image

この先1か月の予想気温

2月以降続いていた極端な高温傾向がようやく落ち着いてきました。この先1か月の予想気温は北日本、東日本で平年並みか平年より高く、西日本は平年並みの予想となっています。

1か月を平均すると高めの地域があるものの、一時的に冷たい空気が流れ込んで気温の下がるタイミングもあり、寒暖差が大きくなる見込みです。

気温変化を繰り返しつつ、季節は順調に進んでいくと見られます。

沖縄は梅雨の気配が見えてくる

No image

この先1か月の予想降水量

低気圧と高気圧が交互に通過して、春らしく周期的に天気は変化します。この先1か月の降水量は西日本から北日本にかけてほぼ平年並みの予想となっています。上空の偏西風が平年より弱いと予想され、周期変化ながらも晴れる日が比較的多い見込みです。

沖縄や奄美は湿った空気が流れ込みにくく降水量は平年よりも少ない予想です。それでも4月下旬以降は前線が停滞しやすくなり、曇りや雨の日が増えてきます。沖縄の平年の梅雨入りは5月9日頃、もう少しすると梅雨の気配が見えてきそうです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加