川崎F、守護神チョン・ソンリョンが腰椎横突起骨折...MF山村和也は全治3カ月

川崎F、守護神チョン・ソンリョンが腰椎横突起骨折...MF山村和也は全治3カ月

  • サッカーキング
  • 更新日:2021/04/06
No image

チョン・ソンリョン(左)と山村和也(右)が負傷離脱 [写真]=鈴木颯太朗、兼子愼一郎

川崎フロンターレは6日、GKチョン・ソンリョンとMF山村和也の負傷について発表した。

チョン・ソンリョンは開幕から7試合連続でフル出場を続けていたが、4月3日に行われた明治安田生命J1リーグ第7節大分トリニータ戦は欠場していた。同選手は3月28日に負傷し、第2・第3腰椎横突起骨折と診断された。負傷日より、全治4週間程度を要する見込みとなっている。

山村は3月18日に負傷し、左大腿二頭筋肉離れと診断された。負傷日より、全治3カ月程度を要する見込みとなっている。同選手は、3月6日のJ1リーグ第2節ベガルタ仙台戦と同13日の第4節柏レイソル戦でフル出場していた。

開幕から8試合を消化して7勝1分の首位に立つ川崎Fは、7日にJ1リーグ第8節でサガン鳥栖と対戦し、11日にはFC東京との“多摩川クラシコ”が控えている。また、29日には前倒しで開催されるJ1リーグ第22節で、現在2位の名古屋グランパスと対戦する。

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加