志らく、木梨の弟子入り志願に「すぐにでも二人会をやらせて頂きます」

志らく、木梨の弟子入り志願に「すぐにでも二人会をやらせて頂きます」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/16
No image

立川志らくと木梨憲武

落語家の立川志らくが16日、ツイッターを更新し、この日TBS系で放送された「グッとラック!」で木梨憲武から弟子入り志願されたことに「木梨さんとならすぐにでも二人会をやらせて頂きます」と即高座デビューを約束した。

この日の「グッとラック!」では、VTRで出演した木梨がスタジオの志らくへ「僕に落語を教えて下さい」とお願い。過去、林家正蔵や笑福亭鶴瓶に弟子入りをお願いしているものの、本気にしてくれず「当たりが鈍い」という。

そこで志らくに「どうでしょうか?何とか一門に入れて頂きたい」と訴え、すでに「立川のり平」という名前も自ら用意。「談志さんの世代なんで、なんとかデビューを」「あと言っておきたいのは下積みはしたくない」とちゃっかり注文も付けていた。

これに志らくはテレビで「すぐにでも大丈夫ですよ」と太鼓判を押し、過去、談志がビートたけしや上岡龍太郎らを弟子に取り、高座に上げたこともあげ「修行なんかいらない。芸能界、これだけ長くやってらっしゃる」とも語った。

テレビでのサービストークかと思いきや、志らくはツイッターでも「木梨憲武さんが落語をやりたいと」と切り出し「私の考えでは一流のお笑い芸人、役者、歌手の方にはどんどん落語をやって頂きたい。一流のエンターティナーが落語をやったら並の落語家は勝てません」ときっぱり。

そして「木梨憲武さんとならすぐにでも二人会をやらせて頂きます」と約束していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加