NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
自閉症の原因タンパク質「CHD8」は造血幹細胞の機能維持に必須 - 金大など

自閉症の原因タンパク質「CHD8」は造血幹細胞の機能維持に必須 - 金大など

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/02/04

金沢大学(金大)と九州大学(九大)は2月3日、自閉症の原因タンパク質である「CHD8」が、造血幹細胞の機能維持に重要な役割を果たすことを明らかにしたと共同で発表した。加齢した父親の精子が子どもの神経発達障害に影響する、東北大が確認

同成果は、金大 医薬保健研究域医学系の西山正章教授、九大 生体防御医学研究所の中山敬一主幹教授、同・仁田暁大研究員らの共同研究チームによるもの。詳細は、米科学雑誌「C

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加