近藤真彦、ギンギラヘアで再出発「また一から頑張るつもり」 東山紀之とは「話していない」

近藤真彦、ギンギラヘアで再出発「また一から頑張るつもり」 東山紀之とは「話していない」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/06/10

歌手、近藤真彦(56)が9日、東京都内で行われた遊技機メーカー・サミーの新規事業発表会にゲスト参加した。4月末にジャニーズ事務所を退所後初のイベント出演で、昨年11月に不倫を報じられて以降、自粛していた芸能活動を事実上、再開。歌手活動も準備していると明かし、「また一から頑張るつもりです」と再起を誓った。

不倫報道を受けてジャニーズ事務所を退所後初のイベントに登場したトップスターは、吹っ切れた表情でカメラのフラッシュを一身に浴びた。

5月16日にオーナーを務めるレーシングチーム「KONDO Racing」の監督業に復帰したものの、表立った芸能活動は2019年12月の日本レコード大賞以来1年半ぶりだ。

この日はサミーの親会社・セガサミーホールディングスが、自身のレーシングチームを支援している縁で出席。黒いスーツに銀髪姿で登場し、開口一番、「お待たせしました。どうぞお手柔らかにお願いします」とおちゃめにあいさつした。

イベントでは会見の予定はなかったが、去り際に報道陣から声をかけられると、立ち止まって対応。本格的な芸能活動再開はこれからとなるが、その一歩を踏み出した心境を問われると、「頑張ります」と頭を下げ、今後の活動については「徐々に決めていますんで。歌を歌ったり? もちろんです。今スタッフと一緒にいろいろ打ち合わせをして、ファンの皆さんに喜んでもらえるように努力しています」と意欲をみせた。

No image

サミーのスマートフォンアプリ「m HOLD’EM」でポーカーのテキサスホールデムを楽しむ近藤真彦 =東京都品川区(撮影・今野顕)

近藤の退所発表を受け、後輩の少年隊・東山紀之(54)は、自身がキャスターを務めるテレビ朝日系「サンデーLIVE‼」で「後輩たちにもファンの人たちにも何の説明もなかった」などと苦言を呈していた。

近藤はこの日、「退所する前にいろんな方から、後輩から連絡をいただいたりしました」と明かしたが、「東山さんとは連絡を?」の質問には「話していないんで、また…」と苦笑い。ファンに向けては「いろいろご心配をお掛けして大変申し訳なかったと思っています。また一から頑張りますので、応援してください」と呼びかけた。

最後に「家族とは円満ですか?」と確認されると、「大丈夫です。大丈夫です」と笑顔。「ちょっと太りました?」と指摘されると、「余計なお世話だよ!」と豪快に笑って会場を後にした。

★「文字が見えない」

この日は元乃木坂46の永島聖羅(27)と声優、中島由貴(23)とともにサミーが発表したスマートフォン向けポーカーゲーム「m HOLD' EM」を体験。近藤はゲームで使用する銀髪のキャラ・獅子王賢がスクリーンに映し出されると、「このために昨日ちょっと髪の毛を染めて…」と打ち明けて照れ笑い。2人と対戦する前に「ゲームの小さい文字が見えなくて…」と老眼鏡をかけたが、最終的に敗戦し、「俺のカード弱すぎません?」とクレームを入れて周囲を笑わせた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加