B&O、B5判書籍のようにスリムなホームスピーカー「Beosound Emerge」

B&O、B5判書籍のようにスリムなホームスピーカー「Beosound Emerge」

  • PHILE WEB
  • 更新日:2022/11/25

Bang&Olufsenは、B5判サイズのスリムなホームスピーカー「Beosound Emerge」を、11月24日に発売した。価格は93,990円(税込)。

No image

「Beosound Emerge」

デザイナーのBenjamin Hubert(ベンジャミン・ヒューバート)氏が手掛けた、B5判サイズの書籍のようなスリムな形状を採用する多機能スピーカー。ゴールドトーンのアルミニウムボディをオーク材のサイドパネルで挟み込み、スピーカー前面には、本の背表紙に記される著者名のようにブランドロゴを配置。インテリアと見事に調和しつつ、省スペースで音を広げることができるよう設計しているという。

No image

書籍のようなスリムなデザインで、インテリアと調和しつつ広がりのある音を再生するという

ドライバーユニットは、100mmウーファー、37mmミッドレンジ、14mmソフトドームトゥイーターを1基ずつ搭載。ドライバーごとにクラスDアンプを装備し、ウーファー用は60W、ミッドレンジ/トゥイーター用はそれぞれ30Wとなる。

ミッドレンジ/トゥイーターは前面に向けられ、特にミッドレンジは斜めに配置することで筐体のスリム化を実現。ウーファーの低音は内蔵のパスポートによって背面から全方位に向けて拡散される。また、「Active Room Compensation(音響補正機能)」により、部屋の音響特性にあわせてサウンドを最適化するとしている。

Wi-FiおよびBluetooth 5.0での接続に対応。Spotify ConnectやChromecast built-in、AirPlay 2からの音楽再生ができる。本体上部に操作ボタンを搭載するほか、Android/iOS対応の「Bang&Olufsen」アプリからセッティングや操作ができる。本体にはイーサネット、ライン入力/光デジタルコンボジャック、給電用USB Type-C端子を1基ずつ備える。

No image

上部にボタンを搭載するほか、専用アプリからセッティングや操作が可能

再生周波数帯域は45Hz - 22kHz、最大音圧レベルは92dB SPL(@1m)。外形寸法は67W×255H×165Dmm、質量は約1.3kg。

編集部:成藤 正宣

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加